風水パワースポット検索

北向観音(常楽寺)

パワースポット 北向観音(常楽寺)

善光寺と併せてお参りしたい

北向観音(常楽寺) 地図
北向観音(きたむきかんのん)は、長野県上田市の別所温泉にある天台宗の寺院。近隣にある天台宗常楽寺が所有・管理する。

寺伝によれば、平安時代初期の天長2年(825年)円仁(慈覚大師)によって開創されたという。

北向観音という名称は堂が北向きに建つことに由来する。これは「北斗七星が世界の依怙(よりどころ)となるように我も又一切衆生のために常に依怙となって済度をなさん」という観音の誓願によるものといわれている。

また、善光寺が来世の利益、北向観音が現世の利益をもたらすということで、善光寺のみの参拝では「片参り」になってしまうと言われる。

愛染堂の近くに縁結びの霊木として崇められている愛染かつらの巨木がある。

パワースポット 北向観音(常楽寺) 住所

長野県上田市別所温泉1656

パワースポット 北向観音(常楽寺) 種類

寺院・仏閣・地蔵尊・観音

パワースポット 北向観音(常楽寺) ご利益・パワー種類

恋愛・結婚 
北向観音(常楽寺) ブログクチコミ