パワースポット 忍路環状列石

日本で初めて報告されたストーンサークル

忍路環状列石(おしょろかんじょうれっせき)は、北海道小樽市忍路にあるストーンサークルの遺跡である。日本の考古学史上初めて学会に報告されたストーンサークルでもある。北海道小樽市から余市町にかけては80基以上のストーンサークルが確認されているが、その中でも忍路環状列石は最大のものである。

三笠山ストーンサークル忍路環状石籬(おしょろかんじょうせきり)とも呼ばれる。

忍路環状列石が造られた目的としては、区画墓と呼ばれる集団墓地だったという説が有力である。区画墓とは、墓地の周囲を石などで囲み、生活の場と儀式の場とを区別したものである。忍路環状列石の北側に忍路土場遺跡が隣接するが、ここから発掘された巨大木柱は、環状列石とも関連する祭祀的な道具だったのではないかと推定されている。

1961年(昭和36年)3月10日に国の史跡に指定された。

風水では、羊蹄山から積丹半島に抜ける龍脈ルート上にあるという。

パワースポット 忍路環状列石 住所

北海道小樽市忍路2丁目

パワースポット 忍路環状列石 種類

遺跡・古代都市

パワースポット 忍路環状列石 ブログ・ページ

パワースポット記事もぼちぼち作成していきます。 フルーツ街道を仁木方面へ向かうと直営市場の向かいから左折し砂利道を通るとあります。 今回パワースポットということで初めて行きました。確か日本の考古学史上初めて学会に

行きたい時に 行くんです(笑) 最近、イモウトやトモダチの影響なのか、「パワースポット」というものに 興味が向いてきたので、行く前に調べてみると これが「忍路環状列石」大小様々の石がぐるーっと円を描いています。 おおお。

ランチのあとは、次のパワースポット「忍路環状列石(おしょろかんじょうれっせき)」へ。 ミユキは道産子ですが、ここに来たのは人生初です。 (妹夫婦たちもね。) 広域農道を走って、こんなところに~?っていうような変なわき道の更にわき道。

そして、忍路といえば小樽近郊のパワースポットがある場所。 その名も「忍路環状列石(ストーン・サークル)」。 しかしカーナビで住所を頼りに行っても パワースポットとはいわれていますが、 そういった波動は特に感じられず。。

今年のNMBでも話題になったパワースポット (ハゲ、ひげ、鼻) 長野県にある分杭峠は有名だけど、北海道もいくつかあります 利尻島、羊蹄山、尻別岳、支笏湖、上の国八幡宮、磯谷橋、北海道神宮・・・ などと俺の知っていて

パワースポット 忍路環状列石 キーワード

博物館 江別 郷土史料館 看板 場 中心 かけて 日本 原始 西崎山環状列石 海 ロックアート フゴッペ洞窟 ニッカウヰスキー余市蒸留所 雨 遺跡 縄文 展示 同級生 北一硝子 (*^_^*) 断念 小樽市 車