パワースポット 唐松神社(大仙市)

子宝の石

唐松神社は、秋田県大仙市の神社。天元5年物部氏24代長秀が唐松山頂に社殿を奉還。

社殿が階段を下った低い場所に建てられている「下り宮」である。

境内にある庭園の中には、天日宮(あまつひのみや)というお宮があり、この天日宮の裏には「触ると妊娠する」と言われている子宝の石がある。

社殿を囲むように丸い石のサークルがあり、それを囲む池、さらにその外側にまた丸い石のサークル、という古墳のような配置となっている。

安産の神として古来より親しまれている。

パワースポット 唐松神社(大仙市) 住所

秋田県大仙市協和境下台84

パワースポット 唐松神社(大仙市) 種類

神社・神道施設

パワースポット 唐松神社(大仙市) ブログ・ページ

唐松神社は秋田県大仙市(旧協和町)に鎮座している神社である。心の中の灯火が蘇り安堵感に包まれる。子宝、安産。唐松神社の御神体は神社の裏にそびえる唐松山。お山の気を感じながら参拝するとよい。できれば山に登るとよい。

大仙市協和にある唐松神社へ行ってきました。ここは縁結や子宝、家内安全に御利益がある神社だそうです。観光ガイドにも紹介されているパワースポットです。唐松神社の参道は江戸時代に植えられた杉の並木道でも有名な場所で、樹齢300年以上とも伝えられている大きな杉で続く参道が神

ワタシは神社とか仏閣が好きです。(誰も聞いてない)昨日はずっと行ってみたかった神社へ行ってきました。協和にある「唐松神社」。この杉の大木!!!!!鳥居までずっと続いていて、ここを歩くだけで、ただそれだけで気持ちがスーっとなる清々

こんにちは。ここ数年、私が空き時間に訪れたパワースポットをご紹介しようと思ってます今日は唐松神社のご紹介をしようと思います秋田にあるパワースポットの一つです唐松神社は子授けや安産の神様がいます全国から祈願者が集まるそうですよ小さ

唐松神社は、安産と子授けの神様として全国に知られています。樹齢300年以上の老杉に囲まれて厳粛な雰囲気と清清しい空気を感じることができるでしょう。本殿は室町時代の建築といわれていて、神社所蔵の獅子頭は秋田県の文化財指定になっています。

ましたか(^-^)日曜に岩手県宮古市の『浄土ヶ浜』昨日は秋田県大仙市の『唐松神社』と秋田県仙北市は角館のありますナデナデナデナデ何回でも訪ねたくなるパワースポットだわ⁽⁽ଘ( ˊᵕˋ )ଓ⁾⁾角館では醤油ソフトクリー

感じた。14時46分。知ってて当たり前の時間。そっかぁ。秋田は被害がとっても少なかったけど、被災地に近いを受け止めてくれます。ここは、言わずと知れたパワースポット良縁、子宝で、ものすごく有名で、そのご利益のほどもよー

☆唐松神社…と、いいましても…到着は夜でした(^_^;(なので、この度も、お写真無しですが綴って参りたいと思います)ここは…ハナリンさんのお話によりますと、とてつもないパワースポット☆私が秋田セッションに没頭している頃…。

能楽堂の舞台に上がり、足踏みをする音が 音楽のように響きました。 パワースポット~ 唐松神社 杉並木は県天然記念物指定 新緑と桜のコラボが詩情豊かな絵になっておりました。 身近な大仙市に

今日の秋田は晴れていてますが風は冷たいです 先日は家族で唐松神社に行ってきました ここの神社は安産とかで有名なようで 「とにかくスゴイ神社だから1度は 絶対に行った方がいい」と言わ

一個人の神道入門を買わずに、 開運!日本のパワースポット案内 を購入しました。 一通り目を通しましたが、とりあえず唐松神社へ行こうかな。 勤務 休み 横になるとスーッと眠れる感じ

秋田物部氏の神社「唐松神社」の魔方陣はたくさんありますが、 「出雲大社」とも「宇佐神宮」とも魔方陣的つながりを持っています。 それと同じように日本の代表的な二社(≒日本有数のパワースポット?) 「宇佐&出雲」とダイレクトにリンクする為に

あの場所へ・・・ GO~ そうです!! 唐松神社 です!! こんなに近くなのに、来たことがなかったんですよ。 鳥居をくぐっ これがパワースポット というものか (んにゃ、たぶん、仙台往復の疲れだよ) 月曜日と

パワースポット 唐松神社(大仙市) キーワード

祈祷 巫女 天皇 落馬説 行っていた 話 違う 関係 20音 柏 松 神社 三つ 協和 入っていく 町中 近江八景 紋 すぐに 倒れた 鈴 腹帯 天日宮 納豆 役 行ってきました 聖母マリア 金 洋室2名 黒 申込み 赤神神社五社 貸切バス 行程予定 聖体奉仕会 電車組 秋田空港集合 移動 税込 飛行機組 秋田 土 和室4名 山 宿泊ホテル 割り 大湯環状列石 大湯温泉ホテル鹿角宿泊 堂 朝食 早 昼食 指定 巨木 記紀 秋田物部氏 十種 記録 命 転載 逆 乗って 伝承 降臨 保管 先代旧辞本紀 公開 那加世 内容 速 通説 物部文献 通称 地 畿内 異なる 文字 文書 物部氏文書 新 物部文書 殿山 真積命 祈祷禁厭 神宝 大仙市 剣 天 存在 宮司 祭祀 神祭 御祖神 末裔