パワースポット 木落とし坂(下社木落とし坂)

寅と申の年の7年に一度(正確には満6年間隔)行われる御柱(おんばしら、みはしら)または御柱祭(-さい、-まつり)の時に使われる坂で、最大傾斜35度、長さ100mの木落とし坂を人を乗せた15mの御柱が滑り落ちる。旧中山道和田峠から下諏訪への道(国道142号)沿いにあり、その柱に飛び乗ろうと群がる男たちの危険と迫力がいっぱいの祭。

パワースポット 木落とし坂(下社木落とし坂) 住所

長野県諏訪郡下諏訪町落合

パワースポット 木落とし坂(下社木落とし坂) 種類

山・峠・崖

パワースポット 木落とし坂(下社木落とし坂) キーワード

番外編 お願い 撮影 持ち 地区 抜ける 坂の下 集落 所 怖い 御幣 建てる 距離100m 移動 本宮 メドデコ 一番 乗った 氏子 作る 合わせない 目 出来事 歓声 力 公園内 行って 落とす 行く 国道 道祖神 馬頭観音 案内板 諏訪 目指します 積もっていた 雪 宮川 前宮 和田峠 越え 出来ました 頂いた 句 案内 静かさ 写真 見る 場所 挑戦 神様 春宮 挨拶 境内 道 峠 多い 動画 迂回コース 祭り 立石公園 昼食 諏訪湖 解散 霧 石仏 隣り 明神沢ルート 問題 観光協会 諏訪大社 山 観た 坂頂上 祭 若者たち 歩き 行 行う 御柱木落 追加 里 伐採 大曲 坂 山出し 木落 棚木場 行われ 超え 待ちます 見立て 諏訪大社上社 御柱祭 静かに 柱 御柱