パワースポット 熊襲の穴

熊襲の穴(くまそのあな)は、鹿児島県霧島市に残るヤマトタケルノミコトの熊襲征討伝説の地。今の国分市、隼人町あたりは「曽ヒト」と呼ばれた古代人が住んでいたところ。周辺にある険しい丘陵地帯で、焼き畑耕作などで静かな生活を営んでいたが、大和朝廷の勢力の伸張とともに戦いに敗れ衰退した。熊のように猛々しく勇ましい曽ヒトを、古事記、日本書紀では「熊襲」(くまそ)と呼んでおり、首領の川上タケルが、女装した日本武尊に謀殺されるという説話も残っている。熊襲の穴は、この伝説の場であると言われている。内壁には、鹿児島県出身の画家・萩原貞行による装飾古墳風の壁画が描かれ、神秘的な空間をつくり出している。

パワースポット 熊襲の穴 住所

鹿児島県霧島市隼人町嘉例川妙見

パワースポット 熊襲の穴 種類

遺跡・古代都市

パワースポット 熊襲の穴 ブログ・ページ

鹿児島県霧島市隼人町にある熊襲の穴。パワースポットらしい。

チャリティーイベントの企画、参加をされ幅広く活動中芸術家 萩原貞行氏の紹介鹿児島出身で桜島と霧島市にアトリエを構えて活動中霧島市の熊襲の穴の壁画は、萩原氏の作品 有名なパワースポットとなっている 雑誌にも掲載され、また多数

パワースポット 熊襲の穴 キーワード

ヤマトタケル 行って 洞窟 挟んで 小さな 妙見石原荘 中 長 家族 霧島 本当に 熊 穴 親