パワースポット 顕国神社(顯國神社)

顕国神社は、和歌山県有田郡の神社。延暦20年(801)坂上田村麿が正殿を造営し、大国主大明神と称されたと伝わる。近隣の村の総社として大宮と呼ばれた。例祭の秋祭りは町内各地区から集まった25台の神輿が午後1時半頃境内を出発し、威勢のいい掛け声とともに町内を練り歩く。

パワースポット 顕国神社(顯國神社) 住所

和歌山県有田郡湯浅町湯浅1914

パワースポット 顕国神社(顯國神社) 種類

神社・神道施設

パワースポット 顕国神社(顯國神社) ご利益・パワー種類

家内安全出世・仕事・商売繁盛健康・病気治癒
安全祈願・厄除け

パワースポット 顕国神社(顯國神社) キーワード

稲荷社 碑 目的 田尻町 生き 父 湯浅 添えてあった 流し 流される 津波 東京朝刊湯浅町 来日研修中 所属 県無形民俗文化財 高校生ら 開幕 過去 通販38 身長 負ける 魂 見方 行われる 自粛 腕時計 続けている 米国 成績 慰霊 思えて 会場 会員4人 両親 三面獅子保存会 三面獅子 レッドウィング ブーツ犠牲者 ビルケンシュトック とうろう 8月8日 8月5日 27日 2008年 伝わる 体重 名鑑 奉納 大阪府 国際交流基金関西国際センター 年齢 動いています 当面 分かった 出身高校大学 出身 傷害容疑 小松一憲 作った 読み 灯籠