パワースポット 弘法寺(真間山弘法寺)

涙を流す石

弘法寺(ぐほうじ)は、千葉県市川市にある日蓮宗の本山(由緒寺院)。山号は真間山(ままさん)。塔頭が四院ある(安国院、玄授院、龍泉院、亀井院)。

徳川光圀や徳川吉宗も親しく参詣したと伝えられている。

千個以上の石からなる石段の下から27段目にある石は、この石だけ涙を流すかのように濡れ続けている。江戸時代に、作事奉行の鈴木修理長頼が日光東照宮の造営のために使う石材を伊豆から船で運ぶ途中、市川の根本付近にさしかかった時に船が動かなくなり、積んでいた石を勝手に近くの弘法寺の石段に使用してしまった。長頼は幕府から責任を追及され石段で切腹。その時の無念の血と涙が染み込んでいるという伝承がある。

また、市川市には水脈が多く300以上の湧き水があり、たまたま石の一部が水脈に触れているのではないかとの説もある。

パワースポット 弘法寺(真間山弘法寺) 住所

千葉県市川市真間4丁目9-1

パワースポット 弘法寺(真間山弘法寺) 種類

寺院・仏閣・地蔵尊・観音

パワースポット 弘法寺(真間山弘法寺) ご利益・パワー種類

家内安全健康・病気治癒安全祈願・厄除け

パワースポット 弘法寺(真間山弘法寺) キーワード

お参り 行事 昭和48年 瀬戸内市 満開 浄土信仰 市指定 弘法寺田 後ろ 手児 散り 来迎 極楽浄土 赤い 供養 八重黒龍藤 千手山弘法寺 霊堂 中将姫 阿弥陀仏 鍋倉山 ソメイヨシノ レンズ ピーク 樹齢 書物 松林 植えられた 桜 走ります 流 諏訪田 花 線 秋櫻子 真間 隅田堤 須和田 流れて 真間川 明治三十年 客殿前 多くなり 弘法大師 宮の 所縁 投げ入れた 接する 忘れられていない 左折 境内奥 堂宇 地勢 固められている 駐車 山 蕾 行く 道 野呂山 野呂山822m 境内 須走浅間神社 登山 日本 山道 湯尾峠 岡山 有名です 建物 小生 蓮 阿弥陀如来像 木彫 面 行われる 奈良 練り 寺 絵 當麻寺 病み上がり 頭 展示 着ぐるみ 極楽 日本最古 石尾山弘法寺 晴れの 香取郡 萩 植物園 椿油 札所 朝食 遊歩道 学園祭 灯篭 真間山弘法寺 福 第32・33番 置戸町 美幌 法華寺 行う 東庄町 行っていない 成田市 見える 目的地