パワースポット 阿弥陀寺(古知谷阿弥陀寺)

阿弥陀寺(あみだじ)は、京都市左京区大原の北側に位置する古知谷(こちだに)にある浄土宗知恩院派の寺院。山号は光明山、院号は法国院。古知谷阿弥陀寺ともいう。

1609年(慶長14年)3月、弾誓(たんぜい)上人が開山した念仏道場である。弾誓は尾張国の出身で、諸国を行脚して修行の後、この地に来た。4年後の1613年(慶長18年)5月23日、開山の弾誓は、当寺の本堂脇の巌窟内で即身仏となった。その後、弾誓のミイラ化した遺体は石棺に納められ、巌窟内の石廟に安置された。

本堂には開山弾誓の像(弾誓が自らの毛髪を埋め込んだ自作の植髪像と伝える)を本尊として安置している。浄土宗寺院では一般に阿弥陀如来を本尊とするが、当寺は阿弥陀とともに弾誓像を本尊として安置することから「弾誓仏一流本山」と称する。

1721年(享保6年)2月4日には、開山の弾誓の遺徳を慕って訪れた近江国の念仏行者澄禅が、やはり即身入定を果たしている。

パワースポット 阿弥陀寺(古知谷阿弥陀寺) 住所

京都府京都市左京区大原古知平町83

パワースポット 阿弥陀寺(古知谷阿弥陀寺) 種類

寺院・仏閣・地蔵尊・観音

パワースポット 阿弥陀寺(古知谷阿弥陀寺) ご利益・パワー種類

健康・病気治癒

パワースポット 阿弥陀寺(古知谷阿弥陀寺) キーワード

空 苔 江戸 茶室 楼門 森 見える 見る 諏訪市 法眼寺村 法願寺村 花 神戸 立派です 約15分 石垣 石仏 登り 瑞雲閣 深い 本堂 龍宮門 微笑む 防府市 阿弥陀如来 幽閉 霊気 左京区 静寂 山 高木村 防府天満宮 懸崖造り 抜ける 歩き 晩秋 近い 馬頭観音 聖武天皇 頭 里 長州藩 背 行ってみる 建立 通過 高杉 赤間神宮 秋明菊 秋 御霊神社 散歩 平家 本能寺 柱題 法事 寺院 浄業策進 建物 景色 織田信長 清玉上人 峰定寺 神守町 志明院 紫陽花 進みます 旅 川 月 有りました 森光子 非常に 雨 鶴ヶ城 小雲 金 祝 石風呂 芳一 死出の山路 桜 越え 寺町 斉藤一 走る