パワースポット 同聚院

じゅうまん不動

同聚院は、臨済宗東福寺派に属し、東福寺塔頭(たっちゅう)の一つである。

室町時代中期の文安年間(1444-1448)に東福寺第129世が開山した塔頭で、定朝の父・康尚の作といわれる本尊・不動明王坐像(重文)は、寛弘3年(1006年)に藤原道長が旧法性寺に建立した五大堂の中尊と伝える。

世に「じゅうまん不動(じゅうまんふどう)」と称され毎年2月2日「じゅうまん」の字を書いた屋守護が施与される。「じゅうまん」は「土力」(土地の守護)又は「十万」(十万の眷属(けんぞく)を従える)の2字を一字にした文字といわれ、火災除けをはじめ除災の霊験あらたかな不動として信仰が深い。

パワースポット 同聚院 住所

京都府京都市東山区本町15丁目799

パワースポット 同聚院 種類

寺院・仏閣・地蔵尊・観音

パワースポット 同聚院 ご利益・パワー種類

開運子育て家内安全
安全祈願・厄除け

パワースポット 同聚院 キーワード

お寺 投稿 寺 門 散歩 花 京都 平安 重要 奈良 木造不動明王坐像 木造不動明王二童子像 文化財 香合 感じる 感じます 比べ 定着 写真 画像 撮っている 影響 適当に 前 違い 鳥居 わかります 高精細 院 霊場 都 すぐ近く 訪問 御本尊 近畿三十六不動尊 緑美 水 雲龍院 用件 山 栗棘庵 雲橋 病院 行こう 見たら 観光 聞いた 行く 結論 終わって 行ってみました 龍 30分 2013年 先だった 京都駅 予定 不動明王 シャトルバス カエデ どうじ お店 お客様 お不動さん いん 同じ 善慧院 早い 待つ 明暗寺 昼食 望む アホ 塔頭 大きな 庵 道長 京都竹田 北向山不動院 竹田 目的 十方山 近畿三六不動尊 東福寺 懐かしい お不動様 五大明王 通天橋 五大堂