パワースポット 飛鳥坐神社

力石

飛鳥坐神社(あすかにいますじんじゃ、あすかにますじんじゃ)は、奈良県高市郡明日香村にある神社である。

2月第1日曜日(元は旧暦1月11日)のお田植神事「お田植祭(おんだまつり)」には夫婦和合の所作があり、奇祭として知られている。境内には、男性器を模した石が多く安置されている。

境内には、江戸時代に式内小社飛鳥山口坐神社(あすかやまぐちにますじんじゃ)が遷座している。大山津見命、久久乃之知命、猿田彦命を祀る。「飛鳥山」はかつての皇室の御料林であり、その山神を祀ったものと考えられる。

力石」と呼ばれる大きな石があり、この石を男性は左手で、女性は右手で持ち上げることができれば、幸運がつかめるという。

パワースポット 飛鳥坐神社 住所

奈良県高市郡明日香村大字飛鳥字神奈備708

パワースポット 飛鳥坐神社 種類

神社・神道施設

パワースポット 飛鳥坐神社 ご利益・パワー種類

恋愛・結婚子育て家内安全
出世・仕事・商売繁盛

パワースポット 飛鳥坐神社 ブログ・ページ

奈良のパワースポットと言われる神社で縁結びや恋愛成就を願うなら飛鳥坐神社がおすすめです。画像はイメージですここは古の時代、明日香村は奈良の都があったパワースポット。飛鳥坐神社は縁結びや恋愛成就にご利益があると人気の神社です。奈良

毎年2月第1日曜日に、奈良県明日香村の飛鳥坐神社で「おんだ祭」 が行われます 偶然、飛鳥坐神社の近くに行った時に、この祭りのことを知りました 昨年のおん ご連絡ください 神社=パワースポットではありません パワースポットがブームになっていますが

この間「岡本寺春の分校」のフィールドワークで参加者に体感していただいた飛鳥坐神社のパワースポットの意味・飛鳥寺(日本最古の寺)の伽藍配置と立地を風水の視点から読み解く・長野県での鑑定で確信を得た病気と風水の因果関係の読み方・空亡月に

パワースポット 飛鳥坐神社 キーワード

あすか 行なわれる 表現 産霊神 田 畝傍山 韓国 性 有名 種 むすび つけ じんじゃ お田植え祭 二上山 耳成山 樫丘展望台 おん田 おん 蝋梅 奇祭 祭り 八釣 天狗さん 奈良県 宮司さん 名前 水 鈴 見た 飛鳥 カルピス 神社 管理 社 義 神 聖徳太子生誕地聖徳太子 神社手水石 自由だ 飛鳥神 鹿 酒船石遺跡 酒船石 超絶景 謎 諸説 計2つ 解く 陰陽石 落水遺跡曽我 高取城跡 石造物宮跡 流れ出て 水遊び装置 水時計 正 橘寺 松本清張 御生誕所 庭園 撮影 源 小判形 無常 猿石 石造物 石 益田岩船 聖徳太子 札所 拝観 明日香村 祭儀 松 窯 見えていました 飛鳥路 鳥居 拝観受付 飛鳥寺 白橿町 画像 樫丘 棚田 電気 訪問 杵 本堂 飛ぶ 行われる 都 演出 鳥 里 明日香