パワースポット 大蓮寺

大蓮寺(だいれんじ)は、京都市左京区にある浄土宗の寺院。山号は引接山。院号は極楽院。本尊は阿弥陀如来。開基は専蓮社深誉上人。後光明天皇が当寺に夫人の安産祈願を命じたことから、通称「安産祈願の寺」として知られる。

本尊阿弥陀如来の他に札所本尊として十一面観音を安置し、洛陽三十三観音霊場第8番札所となっている。また、明治から大正にかけて、当寺の18世住職で金戒光明寺65世法主芳井教岸の直弟子籏玄教(はたげんきょう)は「走り坊主」の通称で知られ、奇行や貧困層に対する施しは、京都名物として有名で、大正7年の新聞紙面で「今一休」とたたえられている。

伝承によると、慶長5年のある日、深誉は伏見の地で金色に輝く阿弥陀如来を見出し、誰も供養する者がないことをもったいなく思い、持ち帰って五条に仏堂を建て安置した。後に、この阿弥陀如来は真如堂(真正極楽寺)の阿弥陀如来であることがわかり返還することになる。残念に思った深誉が二十一日間の念仏を修したところ、最後の夜に旅の僧があらわれ共に念仏するが、次の朝には旅の僧の姿はなく、本尊阿弥陀如来が二体になっていた。そのうちの一体を本尊として安置したのが大蓮寺であるという。

その後、後光明天皇の夫人である典侍庭田秀子が難産に苦しんでいたため、大蓮寺に安産祈願の勅命が下った。祈願の甲斐あって第一皇女の孝子内親王は無事出生。同内親王は大蓮寺を深く信仰し、後に髪を編んで名号として同寺に納めた。

パワースポット 大蓮寺 住所

京都府京都市左京区西寺町通二条下る正往寺町457

パワースポット 大蓮寺 種類

寺院・仏閣・地蔵尊・観音

パワースポット 大蓮寺 ご利益・パワー種類

安産

パワースポット 大蓮寺 キーワード

燃費 ぼたん 走行距離 お参り 八重桜 4月 早すぎました 大紀町 伸びてきています パット 太鼓コンサート 心 春 コンサート 観桜 集い 26日 1蓮照寺 教林寺 2浄蓮寺 参上 本照寺 桃 ◎ 雛ずし 届け 輪番参加状況 み 1大輪寺 見 髪 行きました 行列 小田原市 お札 南町 初弁天 入口 出口 境内 健康 住所 キキ まいり すごろく ご神札 多く 寒い 桜 花 夕焼け 点 新鮮 弁天通り 野菜 縁日 弁天ワッセ 蓮池 藤田貞陸 弁天さま 風 毎月 秋田光彦さん 言葉 子供 雨 演劇 活躍 散策 新田義貞 大阪 弁天さん 本線 大豪商 田富総合会館 撮影 本堂 本尊 案内 妙 栄山西孝院大蓮寺 開山 客殿四間 永い 春虎 復活 大蓮寺鈴鹿 祭壇 小像