パワースポット ヒューミックシェール

ヒューミックシェール(humic shale)とは、1925年に発見されたアメリカ、ユタ州・エミリー郡にある古代植物堆積層のこと。今から約7,000 - 1億2,700万年前の多くの栄養素が含まれている肥沃な土壌が石油や石炭になることなく、有機物として奇跡的に残ったもの。

恐竜時代のみずみずしく生い茂っていた植物たちは、氷河期に入ると地下に埋没されバクテリアなどの微生物により、ピートモスという泥炭に変化。その上に新しい有機物が積み重なり、再度バクテリアなどに分解され、時間の経過とともに堆積層を形成する。度重なる地殻変動や河川の浸食などにより、地表に姿を現し1925年に発見された。

形成された堆積層は、様々な栄養素が含有されている。ネイティヴ・アメリカンには、弱った動物が回復する不思議な土地として知られており、土中のミネラル分等が作用しているのでは、と考えられている。

パワースポット ヒューミックシェール 住所

アメリカ合衆国ユタ州エミリー郡

パワースポット ヒューミックシェール 種類

草原・農場・湿原

パワースポット ヒューミックシェール キーワード

原料 ヒューミックシェール抽出物 天然成分 力 使っている ミアラ 素肌美人 植物性 有機化 普通であれば 微生物 牧場主 発見 眠り 石油 石炭 研究 続けました 変化 埋没 個体 一人 分解 入り 呼ばれる 地域 地層 20世紀 とれる 溶け 水 川 ミネラル セシウム 植物 1万年