パワースポット 上石津ミサンザイ古墳

上石津ミサンザイ古墳(かみいしづみさんざいこふん)は、大阪府堺市西区石津ヶ丘にある前方後円墳。「石津ヶ丘古墳」(いしづがおかこふん)、「百舌鳥陵山古墳」(もずみささぎやまこふん)とも呼ばれる。

百舌鳥古墳群の南部に位置し、大きさは全長約360メートル、後円部径205メートル、高さ約25メートル、前方部幅約237メートル、高さ約23メートルで、日本で3番目の大きさである。後円部が北側に配置され、西側に造り出しを有する。現在の周濠は一重だが、二重目の濠が確認されている。

履中天皇の陵墓に比定され、「百舌鳥耳原南陵」(もずのみみはらのみなみのみささぎ)として、宮内庁によって管理されている。ただし、実際の被葬者は不明。

パワースポット 上石津ミサンザイ古墳 住所

大阪府堺市西区石津ヶ丘

パワースポット 上石津ミサンザイ古墳 種類

古墳・墳墓

パワースポット 上石津ミサンザイ古墳 キーワード

高さ 百舌鳥古墳群 墓 全国最大 築造 来る 履中天皇 現 大仙 太田天神山古墳 想定 朝鮮半島 百済 墳丘規模 墳丘 高句麗 並行 列島 区分 古い 吉備 四世紀 第1四半期 畿内 誉田御廟山古墳 造山古墳 段階 大阪府 埴輪 古墳 五世紀 もつ 仁徳天皇 お墓