パワースポット 神指城

神指城(こうざしじょう)は、福島県会津若松市にあった城である。

本丸と二の丸から成る「回」字形の輪郭式平城で、面積は本丸56,000m²、二の丸を含む全域では500,000m²あり、若松城の約2倍の規模であった。城の鬼門に位置する「高瀬のケヤキ」(現存)と北極星を基点に縄張りしたと伝えられる。

このケヤキがパワースポットと言われている。

パワースポット 神指城 住所

福島県会津若松市

パワースポット 神指城 種類

歴史的建造物・城・橋

パワースポット 神指城 ブログ・ページ

二の丸にある大ケヤキ(一説にはパワースポットだとか)、本丸へと行き完成途上で終わりなおかつ石垣は鶴ケ城に持っていかれたそうでなんとも淋しいところであった。平城だから眺望もよくない。(;^_^A 本丸の近くに新選組に関わる場所があった。

パワースポット 神指城 キーワード

こうざしじょう 同盟 結んでおり 糾合 石高 家康留守中 白河口 急速な 攻め 挟撃 挙兵 西国大名 指示 侵入 よせる 佐竹義宣 佐和山城 下る 他 攻め込んでくる 隠居 雇ったり 整えていった 江戸 決意 浪人 狙って 迎撃体制 討つ 補強工事 計画 常陸 上杉領 家康軍 固める 大名 三成 会津領内 受け 報 各城 会津神指城 補修 命じます 築城 高田 通り 鶴 神指城本丸跡 昼食 説明 神指城周辺 訪問 平成24年度 越後 湊 批判 部分 工事 領内 景勝 豊臣五大老 慶長5年 東北 若松城 石垣 整備 造成 跡 第一義 春日山城 本丸 黒川 月日 新たな 御遷座 高瀬 拡張 鬼門 苦笑 神指ヶ原 謙信公 巡り 線 米沢市 痕跡 幻 戦い 関ヶ原 鶴ヶ城 違う 追って 戸松 藪 田んぼ 見て