パワースポット 勧修寺

勧修寺(かじゅうじ)は、京都市山科区にある門跡寺院。真言宗山階派大本山。山号を亀甲山と称する。開基(創立者)は醍醐天皇、開山(初代住職)は承俊、本尊は千手観音である。

皇室と藤原氏にゆかりの深い寺院である。寺名は「かんしゅうじ」「かんじゅじ」などとも読まれることがあるが、寺では「かじゅうじ」を正式の呼称としている。一方、山科区内に存在する「勧修寺○○町」という地名の「勧修寺」の読み方は「かんしゅうじ」である。

900年(昌泰3年)醍醐天皇の生母藤原胤子の追善のため創建された寺で、外祖父藤原高藤の諡号(しごう)をとって勧修寺と号した。開山は東大寺出身の法相宗の僧である承俊律師。代々法親王が入寺する宮門跡寺院として栄えたが、1470年(文明2)兵火で焼失して衰退し、江戸時代に入って徳川氏と皇室の援助により復興された。(法親王とは皇族男子で親王宣下後に出家した者。宮門跡とは代々皇族が住持を務める別格寺院のこと)

パワースポット 勧修寺 住所

京都府京都市山科区勧修寺仁王堂町27-6

パワースポット 勧修寺 種類

寺院・仏閣・地蔵尊・観音

パワースポット 勧修寺 ブログ・ページ

天龍寺、神護寺、高山寺、龍安寺、毘沙門堂、 萬福寺、貴船、真如堂、勧修寺、円山公園が各1回です。 「絵になる」寺院は大体登場していますね。 今回は場所としての空間的な魅力(私的なパワー・スポットでもある)という点も考えて選んでみました。

パワースポット 勧修寺 キーワード

三条 仁 勧請 仲朝臣 色 光秀 神 八幡神 聖護院 国分寺 参加 石 749年 8月30日 御皇子 八人 東大寺 皇女 散策 最澄 石動山石動寺 死去 母 法親王 津田宗及 良輔 蓮如上 醍醐寺 越中 訪れる 見たい 見 食べよう 衣装 藤原 蓮如上人 萬屋 養育 線 空海 院 心院 心 お寺 兼実 八条 お言葉 イエズス会 元 グゥ 信長 一力 以仁王 人物 中心 七草 上皇 宮中 子女 子 女 大石 小栗栖 夏 場所 占った 小田氏 1月23日 勧修寺村 7種類 建立 紅葉 行く 達磨寺 野宮神社 関係 等 秋色 粟田口 道 至る 見どころ 雨 老中 般若心経 隅 続きます 稽古 野鳥 関する 雪見灯籠 筆者 閏月 行ってきました 見ごろ 蓮 見る 言葉 記 記述 花 豊 超える 跡 近く 道徳