パワースポット 喜多院

喜多院 (きたいん)は、埼玉県川越市にある天台宗の寺院。山号は星野山川越大師の別名で知られ、境内にある五百羅漢の石像も有名である。

平安初期の天長7年(830年)、淳和天皇の命で円仁(慈覚大師)が建立し、当初は無量寿院と号した。無量寿院には北院、中院、南院があり、永禄年間(1558年-1570年)頃まではこれらの3院が存在していたが、北院だけが残った。天正16年(1588年)、徳川氏 徳川家の尊崇が厚かった天海が入寺し、寺号を喜多院と改めた。寛永15年(1638年)、火災で山門以外の伽藍を焼失するが、翌年、徳川家光の命で、江戸城御殿の一部を移築した。これが今に残る客殿、書院、庫裏である。

パワースポット 喜多院 住所

埼玉県川越市小仙波町1-20-1

パワースポット 喜多院 種類

寺院・仏閣・地蔵尊・観音

パワースポット 喜多院 ご利益・パワー種類

恋愛・結婚安産家内安全
出世・仕事・商売繁盛学業・合格祈願・技芸上達健康・病気治癒
安全祈願・厄除け

パワースポット 喜多院 ブログ・ページ

そういえば先日行った小江戸川越。大好きで何度も行っているのですが、川越のパワースポットって知ってますか?川越氷川神社とか、色々あるとは思いますが。姉がTVで見たという川越喜多院ここに拝観料を払うと見られる「春日局の間」があります

るよね。『多宝塔』『御朱印』喜多院は見所がたくさん!!「五百羅漢の石像」や日本三大東照宮の「仙波東照宮」も喜多院の境内にあるんだよ。川越散歩をするときは、絶対に外せないパワースポットだね!パワーが欲しいときにまた来よーっと

ちからは近いので、午後から思い付きのお散歩( *´艸`)中でも喜多院は、いつも初詣に行くトコですが、重要文化財も多く、見どころも多いので、ワタシのお気に入りの場所密かにパワースポットと勝手に思ってます(笑)思ったより紅葉が

さて、この日は川越の氷川神社へ行き、それから喜多院で御朱印をもらおうと思っていました。ところが、いつものことながら迷子になり、偶然、喜多院のほうに先に着いてしまいました。今回も「どろぼうはし」から入りました。どろぼうはしです。川

埼玉県の川越 にあります 喜多院 へ行ってきました 山門 もう既にお正月モードです 鐘楼門 附銅鐘 二階建ての階上 拝観時間の関係で今回はパスしちゃいました 私的には、パワースポットの様な感じのする場所です 喜多院の歴代の住職の墓所

今日は母と川越のだるま市に行ってきました。娘ちゃんは、お友達の家に行って留守だったので、母と川越観光、ちょっとしたパワースポット巡り。家内安全、商売繁盛、健康祈願、してきました。ピンクのだるまの形をしたのは、ハッピーホースですっ

神社などはパワースポットとしても注目されているようですね。 観光目的で訪れる方々がたくさんいらっしゃいました。 興味の赴くまま、散策してきました。 「喜多院」の多宝塔。 徳川家とゆかりのあるお寺です。 川越城本丸御殿内の庭。

ご神木なんだよ♪」と教えて下さりました 最近TVで、パワースポットを紹介する番組があり 氷川神社の「ご神木」も紹介されたそうです!! その他にも・・・ 願いが もう一つ教わったパワースポット「 川越大師 喜多院 」へも 行きました♪ 五百羅漢は

途中の 喜多院 では、護摩祈願が オプション で追加です。 昨年までは厄年期間中であったので、厄除け祈願でしたが 確かに パワースポット なのかも知れません。 いい気分になれました。 昨年と同じようなルートで

パワースポット 喜多院 キーワード

感じ 客殿 天台宗星野山喜多院 大正浪漫通り 大師 次男坊 多宝塔 歴代住職墓所 流庭園 地 喜多院エリア 呼ばれている 客殿紅葉山庭園 書院 慈恵大師良源 徳川家光公 待ち合わせ 延文三年 左 慈眼堂 揚げ 根本中堂 文化財 日差し 慈恵堂 称号 仙波東照宮 お豆腐屋さん ショップ 重要 まつる 見て ぼくら 長男 6時 2本 行きます 蕎麦 訪問 紅葉山 久能山 11月21日 三男クン 阿弥陀種子板碑 2015年 門 ツアー ッ エリア 成田山川越別院 成田山別院 早かった 川越 見る 文吉 着き 盗賊 渋滞 良い 歩き 楽しい 東照宮 本堂 行きました 暖かい 行った 次 空堀 1月4日 初護摩祈願 バイク 和 喜多院不動通り 団子 埼玉県 場所 境内 夢 大黒天 初詣 人出 2016年 3日 9時 kontenten posted お参り by お札 じゅん散歩 ジャカッセ班 天海僧正 恒例 川越八幡宮 室温12℃ 川越大師 小江戸川越 封 川越市 小江戸川越菊まつり 川越散策 蔵 若い 撮影 花見客 探し 蔵造り 西光寺 成田山 鐘 鎮守 来る 行く 覚大師 川越喜多院 見 花見 花 娘たち 満開 宿 日枝神社 移動 太田道灌 小江戸 枝垂れ桜 桜 職人 拝観 新河岸川 歴史観光 東国 正面 道 迷子 解釈 龍蔵寺 自宅 菩提樹 突き 紙数 日本三 行ってきました 祭り 河内金剛寺 江戸