パワースポット 曹渓寺(ソウル)

韓国で最も大きな木造建物

曹渓寺(そうけいじ、チョゲサ)は、ソウル特別市鍾路区堅志洞にある寺院。韓国仏教界の最大宗派である曹渓宗(大韓仏教曹渓宗)の総本山である。

日本統治時代の1938年に創建された。李氏朝鮮建国(1392年)直後の1395年に創建された覚皇寺の建立をもって曹渓寺の創建とする説もあるが、曹渓宗(大韓仏教曹渓宗)は1938年を創建年としている。創建時の名称は太古寺だった。朝鮮戦争後の1954年に曹渓宗の名をとり、曹渓寺に改名された。

寺院の建物は、1938年に完工されたものである。大雄殿は韓国で最も大きな木造建物である。境内に曹渓宗の中央宗務機関があり、曹渓宗の総本山の機能を果たしている。

パワースポット 曹渓寺(ソウル) 住所

韓国

パワースポット 曹渓寺(ソウル) 種類

寺院・仏閣・地蔵尊・観音

パワースポット 曹渓寺(ソウル) ブログ・ページ

韓国ソウルのパワースポット。 曹渓寺(チョゲサ)。鐘路にあるので、明洞から車で10分くらいで行けます。 このお寺は人が多い。 表から入るのはお坊さんのみで、一般の参拝客は脇から入ることが望ましい。

パワースポット 曹渓寺(ソウル) キーワード

店 減給 少女像 行く 4月15日 仁川間 郵便制度 戦争 我々 彼ら 精進料理 記者懇談会 封鎖 存在 扱った 拡声器 曹渓寺内 約300人 生存者 行っている 行為 被害者 民間人虐殺被害者 民間人虐殺 枯葉剤戦友会会員 枯葉剤戦友会 大韓民国枯れ葉剤戦友会 問題 名誉に ベトナム戦民間人被害者 覚悟 バス停 ハンギョレ新聞社 ハンギョレ新聞 韓国社会 お店 食べられる 3日 レセプション行事 主張 開き 取り消す 反発 証拠 警察 通知 侮辱 会場 仕立て上げよう 仁寺洞 ベトナム戦参戦勇士 韓国 集会 参戦軍人団体ら 2人 予定 平和 参加 申請 ベトナム戦争 ベトナム ソウル 7日 写真展 義士 金剛般若経 門 読誦 通り 開店 閣駅 鱈スープ 編 行った 灯 灯行列 道路 準備 自由 行動 移動 観覧 集合 海外 色とりどりの 行なわれています 見学 訪れ 訪れていました