パワースポット セント・マイケルズ・マウント

セント・マイケルズ・マウントは、英国イングランド南西端、コーンウォール州の都市ペンザンスの東約5キロメートル、マイケル湾にある小さな切り立った島。干潮時には対岸のマラジオン(Marazion)と地続きになる。

1066年にエドワード征服王がここに礼拝堂を建築した。1135年にはベネディクト派のプライオリー(小修道院)となった。中世にサンティアゴデコンポステラへの巡礼路として栄えた。

その地形上の特徴から、12世紀から17世紀にかけて要塞になった。17世紀後半にセント・オーバン卿(Sir St Aubyn)が購入し、以後約300年間オーバン家が所有していた。1964年に第3代セント・ルーバン卿がナショナル・トラストに譲渡。現在は一般公開されている。

パワースポット セント・マイケルズ・マウント 住所

イギリス

パワースポット セント・マイケルズ・マウント 種類

パワースポット セント・マイケルズ・マウント ブログ・ページ

えていたあのセント・マイケルズ・マウントだかの世界遺産・フランスのモンサンミッシェルは今やすっかり観光地化さトマイケルズレイライン上なのだ世界でも有数のパワースポットそりゃ、コンピューターも調子を崩すでしょう後は、ミ

う方は正常です。レイラインってのは、古代遺跡や協会など、パワースポットを直線で結んだ線の事ですです。このレイライン金慶珠が産経記者起訴の言い訳が酷すぎて宮崎哲弥がマジ喧嘩「国連憲章読んでんのかよ!」【韓国

ト・マイケルズ・マウント』をご紹介します!夜行列車で往くイギリス南西地方の旅 過去ブログはこちらから↓↓先日では、ストーンヘンジやグラストンベリーなどのパワースポットがありますが、それらは実は目に見えない光の直線道(

応援クリックありがとうございます♪ ======= さて、世界には壮大な力を持つパワースポットが多数あります。 今日はそんなパワースポットとして最大に有名なイギリス発祥と言われている「レイライン」についてご紹介します。

旅に出たいという衝動が抑えきれず英国へ。イングリッシュガーデンを眺めながらの

パワースポット セント・マイケルズ・マウント キーワード

ゲスト ハウス パノラマ