パワースポット 受水走水

受水走水(うきんじゅ・はいんじゅ)は、沖縄県南城市にある湧き水。

西側の受水(うきんじゅ)の傍らには御穂田(みーふだ)と呼ばれる田が、速やかに流れる東側の走水(はいんじゅ)の前方には親田(うぇーだ)と呼ばれる田があり、これらが琉球における稲作発祥伝説の舞台となっている。玉城仲村渠(なかんだかり)区に継承されている田植えの儀式・親田御願(うぇーだぬうがん)は、稲の始まりを神に感謝する行事。受水・走水に隣接する親田で田植えをし、近くの御祝毛(うゆえーもー)と呼ばれる広場で神事を執り行い、参加者全員でご馳走をいただくという。

市の無形民俗文化財にも指定され、旧暦で毎年その年の初午の日に催されている。

パワースポット 受水走水 住所

沖縄県南城市玉城百名

パワースポット 受水走水 種類

井戸・湧き水

パワースポット 受水走水 ブログ・ページ

hellip;…あ、でも近年のパワースポットブームで 意外と知られてたりするのかな? では受水走水とはなんぞや!? 一言で言うと、 沖縄の稲作発祥の地 とされているトコです。 ヤハラヅカサにアマミキヨが上陸して、 浜川御嶽で仮住まいして

パワースポット 受水走水 キーワード

走る 水 神話 岩清水 断水 アパート ふる里 給 雨 チロチロ うれ ていき カフェ 結婚式 浜川御嶽 浦原周辺 水田 地元 稲 南城市緑地 移植 アマミツ ヤブサツの浦原 ヤブサツ 遺産環境保全区域 カラウカハ 稲穂 所 指定 東 昭和五二年 アマミキヨ 七月二一日 南城市教育委員会 種子 御廻り ヤハラヅカサ 近く 潮 浜川受水走水 線香 紀行 石碑 砂浜 新原ビーチ おば かび お金 沖縄 ウキンジュハインジュ 呼ばれる 流れる 走水 おける 2つ 稲作発祥 鶴 泉 琉球 田 御穂田 場所 地 受水 きんじ いんじ 収穫