パワースポット 沖田神社

おきた姫の人柱伝説

沖田神社(おきたじんじゃ)は、岡山県岡山市中区にある神社。岡山市の干拓地総鎮守。御祭神は天照大御神、素戔嗚尊、軻遇槌命、倉稲魂命、句句廼智命、おきた姫。旧社格は県社。

元禄5年(1692年)沖新田の堤防工事の際、最後の潮止め工事が困難を極めた。このため「きた」という若い女性が人柱として、龍神に捧げられたという伝説がある。沖田神社の本殿下に五輪塔と祠があり、人柱となった女性を祀ったものではないかという説もある。「きた」は干拓地の鎮守神「おきた姫」として当神社の祭神となった。

沖田神社の境内には末社・道通宮(どうつうぐう)がある。御祭神は猿田彦命。

パワースポット 沖田神社 住所

岡山県岡山市中区沖元411

パワースポット 沖田神社 種類

神社・神道施設

パワースポット 沖田神社 ブログ・ページ

られる後楽園、岡山藩主の菩提寺・曹源寺の造営なども手掛けました。それらがいずれも岡山県南部を代表する観光スポットであることを思えば、岡山の現在の観光産業は、津田の華々しい偉業の上に成り立っているといってもいいでしょう。

パワースポット 沖田神社 キーワード

センター ふれあい ゆ ももちゃん お参り 生け花 すけ 芥子山登山 宮 岡山県 ワッショイ まわし 平成26年 道 沖田神社子ども会 白色 百間川 社会 赤色 通 宮子供会 オーバーザトップ 会場 参加 合同練習 垢離 場 子供会 江田鍋 二人 裸 お屠蘇 自宅 祭り 神社 初詣 妻 年賀状 お雑煮 散歩