パワースポット 西本願寺(龍谷山本願寺)

浄土真宗本願寺派本山

西本願寺(にしほんがんじ)は、京都市下京区にある浄土真宗本願寺派の本山。

西本願寺は通称であり、正式名称は「龍谷山本願寺」。京都市民からは「お西さん」の愛称でも親しまれている。真宗大谷派の本山である「東本願寺」(正式名称「真宗本廟」・下京区)と区別するため、両派の本山は通称で呼ばれることが多い。

境内には桃山文化を代表する建造物や庭園が数多く残されており、平成6年(1994年)に国の史跡に指定され、同年12月にユネスコの文化遺産に「古都京都の文化財」として登録されている。

本願寺住職が浄土真宗本願寺派の門主となる。

パワースポット 西本願寺(龍谷山本願寺) 住所

京都府京都市下京区門前町60

パワースポット 西本願寺(龍谷山本願寺) 種類

寺院・仏閣・地蔵尊・観音

パワースポット 西本願寺(龍谷山本願寺) ブログ・ページ

今回、京都という、 パワースポット でどんな気づきがあるかと思いましたが・・・・ 上高地 の ネイチャーガイド で 植物と一体 になる。 というワークを受けた後です。 京都の植物たちとめいっぱい 繋 がってきましたよ お寺もすごーく良かった。

先日京都へ行ってきました! パワースポット散策開運の旅。 本来の目的は違ったのですが・・・(注:釣りじゃないぞ) 京都を訪れる ものに入っていたこともあるのだ(汗 清水寺に八坂神社♪ 西本願寺に二条城♪ 三十三間堂に嵐山♪ 紅葉に

京都店の 担当 がいるので カラー・カット・トリートメント 3時間後 合流してから パワースポットの 晴明神社へ ↓ その後 西本願寺へ行きました ↓ 国宝の唐門の豪華さに 二人で感動 ↓ 凄く充実した 京都の旅

鞍馬&貴船神社に行きました 京都に入り 西本願寺別館前 結婚式に歩くのを見ました ここでお祝いの拍手ができたことをうれしく思い 鞍馬寺に徒歩で上がり 気持ちよかった 鞍馬パワースポット三角スポット 気持ちが一身 樹で

ね、国道1号さんが西本願寺さんのかどのところで、くねん、としてはるでしょ。 なんかすごいですね。西本願寺さん。 大きいお寺です。豪快です。 いろんな意味でパワースポット☆ でも、今回はそちらではなくて。 西大路という大きな道路が

さて、楢崎皐月は満州で磁場というか科学的な「電気」と 竜脈という風水的なパワースポットなるものの存在を知り、 「(植物)波農法」という自然農法を発見する。 西本願寺の大谷光瑞の存在を思いだしてください。 大弾圧を受け

絶景ロケーションでしたよ♪ 西本願寺が見えました(*^_^*) 優雅な朝食を終え、お部屋に戻り、最後の身支度をして うさも行ってみたかった、パワースポットでもある大社です(*´∇`人) 稲荷大神が稲荷山の三ヶ峰に

「パワースポット」とやらが、世間を騒がせている。 よし!素敵なパワースポットを 紹介しましょう 京都の本願寺(西本願寺)です アクセス方法は、こちらです☆ http://www.hongwanji.or.jp/info/access/ 恋人ができるとか

鞍馬山 は有名なパワースポットです。 私が勉強したレイキの創始者、臼井氏がこの鞍馬で修行したということでも知られています。 ロッカーにリュックを入れて西本願寺まで歩きました。お西さんは門の中はケージに入れてくださいという

落下してきたりして(^▽^;) ケーブルカー降りて、階段をのぼってのぼって、本堂へ。 中央の三角形のマークがある所はパワースポットらしいです。 いろいろお願いしてきました。 鞍馬寺 → 晴明神社 → 西本願寺 晴明神社でもいろいろお願いしてきました。

パワースポット 西本願寺(龍谷山本願寺) キーワード

江戸 技術 清洲 御朱印 真宗 巨大な 尾張名陽図会 尾張名所図会 小宮山昌照寺 祖父 富田林寺内町 安井氏 大達磨 大谷 福寺 撮る 文化14年 歌碑 次 浄土真宗 浄照師 東本願寺 東寺 武子 東 来道 本願寺 本廟 本山 昭和四年 日本 場所 紙 十勝岳 修復 近く 北斎 西 ハート 西本願寺別院 円照寺 西本願寺名古屋別院 西本願寺掛所 門上 世界遺産 鉾 厳密に 図会 創った 図 120畳 絵 名古屋 美濃路 同じ 見る 雪 車 法要 浦 豊国神社 解説 見えてます 移民 紅葉 神 行こう 行った 行事 猿 焼く 海人 生きて来た 精進料理 歩いて 正月 唐門 お参り 呪い 9日 名 お寺 京都駅 お茶 バス 同じだ 参加 千本 11月22日 京都 仏教 八坂神社 写本 tanakaTokugawa 報恩 塩 壁紙 得 御正 徳川 東京 東洋陶磁美術館 東西本願寺承認者 梅 廣 八目鰻 大学 定まってます 寒 己 帰属 龍谷ミュージアム 音楽講演 音楽表現活動 越えた 縁 絆』****『命の尊厳 退去 独自の 西本願寺伝道院 音曲 青蓮寺 西本願寺1 納骨 道 通勤路 秋 興正寺 薫 西本願寺2 親鸞 配置 鷹巣保育園 順 行きました 移築 舞台 見学 雲閣 豊臣氏 阿弥陀堂 話 鐘 行く 西本願寺地方