パワースポット 白鳥古墳(名古屋市)

白鳥古墳(しろとりこふん)は、愛知県名古屋市熱田区の白鳥公園に隣接する古墳。一般には「白鳥御陵(しろとりごりょう)」とも呼ばれている。

6世紀初頭に築造されたと考えられている前方後円墳で、法持寺のすぐ隣に位置する。かつては法持寺が管理していたが、明治9年(1876年)からは熱田神宮に、戦後は名古屋市に管理が移された。

死後、白鳥となった日本武尊が舞い降りた地と伝えられる事から、日本武尊の陵墓とされてきた。現在では尾張氏の陵墓と考えられている。

パワースポット 白鳥古墳(名古屋市) 住所

愛知県名古屋市熱田区白鳥

パワースポット 白鳥古墳(名古屋市) 種類

古墳・墳墓

パワースポット 白鳥古墳(名古屋市) 属性

 成長、拡大、自由を表します

パワースポット 白鳥古墳(名古屋市) キーワード

前方後円墳 熱田神宮 管理 300m 法持寺 基点 笑 奥 女性 歴史 駅 断夫山古墳 日本武尊 関係 邪馬台国 緑 訳 瀬戸市 大研究 名前 丘 何気なく コーフン ウン アリマス 車中見学 トイレ休憩 熱田区 石棺 神花山古墳 5月8日 ヤマトタケル 田布施 同神宮 古墳 巨大な 円部 作られた 柳井 尾張氏 テーマ 人々 鳥