パワースポット 仁王寺(インワンサ)

仁王寺インワンサ、인왕사)はソウル市内の中心部にある仁王山の中腹にある寺院。良縁子宝のパワースポットとして韓国で人気がある。仁王山(イナンサン、인왕산)は、高さ338.2m。奇岩怪石が多く、鄭敾による山水画である『仁王霽色圖』でも知られる。

朝鮮建国の王である太祖李成桂(イ・ソンゲ)が護国のために1918年に建立した。

仁王寺大雄殿の上側には「禅岩(ソンバウィ)」という不思議な岩がある。高さ8mほどの大きな二つの岩で、形が袈裟を着た僧侶のような形に見えることから「禅岩」と呼ばれている。また、ここに祈ると子宝を授かるといわれることから「祈子巌(キザアン)」とも呼ばれる。

禅岩の下には「国師堂(ククサダン)」と呼ばれる祈祷が行われるお堂がある。朝鮮時代に国が祭祀を行っていたお堂で、元々は現在の南山にあったが1925年に現在の位置に移転した。お堂の中には、十点以上の巫神図が掛けられている。

国師堂の裏には、無学大使または太祖夫婦の姿だとう伝説の岩がある。

パワースポット 仁王寺(インワンサ) 住所

韓国

パワースポット 仁王寺(インワンサ) 種類

寺院・仏閣・地蔵尊・観音

パワースポット 仁王寺(インワンサ) ブログ・ページ

景福宮を時間をかけて散策できたし、(noelさん登場)3日目の朝、商談相手のご厚意で「今、時間あるから車で案内してあげますよ」ってことで北岳山をぐるっとのっけてもらい、青瓦台も門前から見ることができました。仁王山という、ものすごくパワーがあふれていそうなスポットでも下してもらって

パワースポット 仁王寺(インワンサ) キーワード

建 普化 無門慧開