パワースポット 麻谷寺(マコクサ)

麻谷寺(まこくじ)は、忠清南道公州市にある寺院。韓国仏教界の最大勢力である曹渓宗(大韓仏教曹渓宗)の第6教区本寺。風水スポットと言われている。

640年(新羅善徳女王9年)に戒律宗の開祖である慈蔵律師が創建した。高麗時代の1172年(明宗3年)に曹渓宗の開祖知訥が再建した。

李氏朝鮮の時代、太宗による1407年(太宗7年)の仏教弾圧の際、存続を許された88寺院の中に麻谷寺の名前はなく、廃寺になったようである。世宗による1424年(世宗6年)の仏教弾圧の際も、存続を許された36寺院の中に麻谷寺の名前はなく、引き続き廃寺のままだったようである。

現在最も古い建物は霊山殿大雄寶殿で、1651年に覚淳大師が寺を再興した際、建立された。大光寶殿毘盧遮那仏を祀る建物で、1813年(純祖13年)に建立された。

日本統治時代の1911年、寺刹令施行規則(7月8日付)によって、朝鮮三十本山に指定された(1924年以降は朝鮮三十一本山)。

パワースポット 麻谷寺(マコクサ) 住所

韓国忠清南道公州市

パワースポット 麻谷寺(マコクサ) 種類

寺院・仏閣・地蔵尊・観音

パワースポット 麻谷寺(マコクサ) キーワード

ギルドン チャンフィ 身