パワースポット 誓願寺(京都市)

迷子のみちしるべ

誓願寺(せいがんじ)は、京都市中京区新京極通にある寺院。浄土宗西山深草派の総本山である。本尊は阿弥陀如来、依拠の経典は浄土三部経である。

天智天皇6年(667年)、天皇の勅願により奈良に創建。平安遷都後、西山上人証空の弟子円空(1213年-1284年)が京都の深草に寺を建て布教したのが始まりである。日本各地に無住の寺を含めて400か寺余りの末寺がある。

門前に「迷子のみちしるべ」と呼ばれる石がある。落し物や迷い子の時は、この石にお願いすると探しているものが見つかるといわれている。「教える方」と「尋ねる方」があり、落し物や迷い子を捜す人は「尋ねる方」と書かれた下に、拾ったり、見つけりした人は「教える方」と書かれた下に、お願いしたいことを紙に書いて貼っておく。

パワースポット 誓願寺(京都市) 住所

京都府京都市中京区新京極通三条下ル桜之町453番地

パワースポット 誓願寺(京都市) 種類

寺院・仏閣・地蔵尊・観音

パワースポット 誓願寺(京都市) キーワード

鳴海 芭蕉 節分会祈願 節分会 第十六番 石 白石町 町 男 熱田 洛陽三十三観音 落語 蔵 薩摩塔 首 風景 集めた 阿弥陀如来 関連記事 通 身 豆まき 観光客 行われた 社殿 3月21日 拾遺和歌集 参加 名 恋 往生 和泉式部 庶民 平林 坂 宝蔵寺 女人往生 僧侶 新京極通り 1つ クリック 一斉に 三条 三滝駅 晴明公 仲源寺 安置 女 信仰 伝承 発心 荒五郎発心譚 誠心院 花まつり 誓願寺門前図屏風 荒五郎 錦市場 桜 永安寺 池鯉 法蔵寺 洛外名所遊楽図屏風 枝垂れ桜 松 狩野元信筆 狩野永徳筆 本尊 瑞泉寺 木津 木屋町 立ち寄ります 開基 残されています 金剛界大日 誓願寺さん 設置 社 柚園 浄土宗 蔵界阿弥陀 法然寺