パワースポット 寿延寺(あらいじぞう)

あらいじぞう

寿延寺は京都府京都市東山区にある日蓮宗寺院。山梨県身延の身延久遠寺を祖山に仰ぐ。元、誕生寺(千葉県小湊)の末寺。

創建は1616年(元和2)。開山は円乗院日柔上人。本堂には、中央に一塔両尊(釈迦如来・多宝如来)。日蓮上人、脇には四大菩薩、四天王(持国天・増長天・広目天・多聞天)、その他諸尊を祀っている。本堂右奥には傳教大師作と伝えられる、油涌(あぶらわき)大黒天を祀り、門前から南へ続く現在の大黒町通の名称の由来となっている。

参道には、洗心殿があり、浄行菩薩の石像を祀る。「洗地蔵あらいじぞう)」として親しまれている。浄行菩薩は釈迦が末法に使わされた四大菩薩の一人で、水徳の仏。水を掛けて祈ることで病気や心の悩みが洗われるという。

また当地は十禅師の森の旧跡であり、参道には地主十禅大明神を祀っている。境内中庭には、五条大橋旧跡の碑がある。6月1日、浄行大菩薩大祭。2月3日、節分星祭祈願読誦会。

パワースポット 寿延寺(あらいじぞう) 住所

京都府京都市東山区大黒町通松原下る北御門町254

パワースポット 寿延寺(あらいじぞう) 種類

寺院・仏閣・地蔵尊・観音

パワースポット 寿延寺(あらいじぞう) キーワード

探訪地 東山区 京都市 部分 付近 三条 地蔵 寿延寺さん 通称 洗い 洗う 十禅師 話 森 ビックリ