パワースポット 畠山重保の墓

咳の神

畠山重保(はたけやましげやす)は鎌倉時代初期の武将。鎌倉幕府創設に関わった畠山重忠の子。母は北条時政の娘。

元久2年(1205年)6月22日早朝、北条時政の後妻の娘婿である平賀朝雅との確執から、謀反を企てたという疑いをかけられ、由比ガ浜に呼び出された所を、時政の意を受けた三浦義村によって討たれた。

畠山重保の墓は神奈川県鎌倉市の鶴岡八幡宮一の鳥居そばにある。高さ約3.5mの宝篋印塔が立っている。

畠山重保は喘息もちだったため、死後「咳の神」となり、願をかけると咳の病気が治してくれると伝えられる。

パワースポット 畠山重保の墓 住所

神奈川県鎌倉市由比ガ浜2丁目

パワースポット 畠山重保の墓 種類

古墳・墳墓

パワースポット 畠山重保の墓 キーワード

二俣川 戦い