パワースポット 法住寺

法住寺(ほうじゅうじ)は日本の京都市東山区にある天台宗の仏教寺院である。

平安時代中期に藤原為光によって創設され、その後院政期にはこの寺を中心に後白河上皇の宮廷「法住寺殿」がいとなまれた。法住寺殿が木曾義仲によって焼き討ちされ、数年を経て後白河上皇もなくなると、法住寺は後白河上皇の御陵をまもる寺として江戸時代末期まで存続、明治期に御陵と寺が分離され現在にいたる。

寺内の『身代不動明王(みがわりふどうみょうおう)』像は、平安期の作風とされる。この不動像は寺伝では慈覚大師が造立したといわれ、後白河上皇の信仰も篤かった。義仲の放火のさいに、上皇の身代わりとなったと伝えられており、現在も毎年11月15日には不動会(ふどうえ)がいとなまれる。

パワースポット 法住寺 住所

京都府京都市東山区法住寺三十三間堂廻り町655

パワースポット 法住寺 種類

寺院・仏閣・地蔵尊・観音

パワースポット 法住寺 キーワード

枝垂れ 社地 八重紅 新日吉神宮 勅使門 包摂 名古屋近郊 父 大石内蔵助 無料駐車場 寺院 法住寺合戦 平家 某駅 自宅 自宅近く 1km 2km by ciba posted 造営 解説 観音 三河大塚駅 行って来ました 一面 白河法皇 絵葉書 自刃 者 杉戸 普賢菩薩 絵 法住寺殿 淀君 血天井 赤い 獅子 白河上皇 見て 河津桜 文殊菩薩 三十三間 つり お寺 借り 俵屋宗達 お隣 おばあちゃん 伏見城 伊豆 京都 乗物 てづくり 写真 千体千手観音 拝観 徳川家 御朱印帳 床 平安 帰り 展 妙法院 堂 咲いていました 命 お庭 見ごろ 豊国神社 院 雛展 開き 西向き 程度 訪れ 竜宮門 紅白 見 雛 見頃 紅梅 近く 説明 長谷川町子さん 隣 通し矢 茶席 義士会法要 討ち入り 舟 観音堂 菊川太夫 行われます 義士祭