パワースポット 一切経山

一切経山(いっさいきょうざん)は、福島県福島市と猪苗代町との境にある山である。吾妻連峰を構成する山の一つ。今も火山活動を続けている活火山であり、山頂は岩礫で覆われている。標高は1,948.8メートル。

名前の由来は安倍貞任が仏教教典の一切経を山に埋めたという伝説による(埋めたのは貞任ではなく弘法大師や地元の僧などを当てはめる説もある)。おそらくは吾妻山信仰に関わって名付けられたのかもしれない。

1893年(明治26年)の大噴火の際は噴煙が直径2,000メートル、噴出容積はおよそ50万立方メートルにも達したという。この大噴火で当時現地を調査していた技師2名が亡くなっている。近年では1977年(昭和52年)に噴火、2008年(平成20年)11月に約300メートルの噴気が確認されている。

パワースポット 一切経山 住所

福島県福島市土湯温泉町

パワースポット 一切経山 種類

山・峠・崖

パワースポット 一切経山 ブログ・ページ

2014年5月25日 日本離れした景観のパワースポット 昨日も居酒屋で仲間と飲んでしまい4時に目覚ましを掛けていたのですが、ぐずぐずと5時半になってしまった。 今夜も沖縄料理店で18時から飲み会の約束があるので消去法で近場の山へ 一切経山と東

パワースポット 一切経山 キーワード

向かう 至る 高橋さん 登山道 登る 浄土平 少ない 岩 平石山 位 乗越し ポチ 酸ヶ平避難小屋 ルート 一切経山大穴火口 駐車場 量 コース 500m 朝日 吾妻山 東吾妻山 家形山 一団 見えます 堤防 話 吾妻小富士 所 紅葉 水神コース山頂滑降コース 泉ヶ岳 浄土平登山口 火口跡 登った 酸ヶ平 想像 1172メートル 7月 チャーターバス チャーターバス着所 素晴らしい 約28万年 範囲 確認 警戒 石 眺め 大穴火口 覆われた 増加 見下ろす 地震 状況 送信 観測 雪 馬蹄形 発生 火山性 微動 桶沼 東吾妻火山 山体崩壊 活動 望む 昭和52年 形成 感動 小規模な 小規模 火口周辺規制 火山 火口 部分 山頂 登山 姥ヶ原 鎌沼 春夏花 雪道 頂上 娘 寒河江市 大権現 木道 続き 考えられています 外 花見 蓬莱山 小 展望 山 湿地帯 水