パワースポット 慈眼堂(日光)

天海僧正の大師号が「慈眼(じげん)」ということから「 慈眼堂 (じげんどう)」とつけられたそうです。

天海僧正は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての天台宗の僧。南光坊天海、智楽院とも呼ばれる。大僧正。諡号は慈眼大師。徳川家康の側近として、江戸幕府初期の朝廷政策・宗教政策に深く関与した。家康公の霊廟として日光を選んだのは天海僧正だという。

日光を開いた勝道上人の墓所、開山堂と慈眼堂は一本の線で結ぶことができ、日光の鬼門に位置する開山堂に対し、裏鬼門にあたる。

天海僧正の命日にあたる10月2日には毎年、拝殿で法要・長講会(じょうごえ)が営まれ、天海僧正の好物だった「納豆汁」が供せられる。

現在は一般公開されていない。

パワースポット 慈眼堂(日光) 住所

栃木県日光市山内2300

パワースポット 慈眼堂(日光) 種類

古墳・墳墓

パワースポット 慈眼堂(日光) ブログ・ページ

「慈眼堂じげんどう」です。徳川家康と一緒に風水で江戸を作ったといわれる「天海」というお坊さんのお墓です。日光二荒山神社に行く途中に、法華堂と常行堂があります。その間にある延命坂という石段を登ると、「慈眼堂・じげんどう」があります

パワースポット 慈眼堂(日光) キーワード

高さ 良し 庭園 墓所 境内 南 石仏群 東京国立博物館 池 本堂 輪王寺 鐘楼門 院 雪 書院 E5 慈恵堂 客殿 多宝塔 庫理 大津坂本慈眼堂 廟所 建立 位置 喜多院 門 社 滋賀院門跡 比叡山 後楽園 日吉大社