パワースポット 葛飾八幡宮

千本イチョウ

葛飾八幡宮(かつしかはちまんぐう)は、千葉県市川市にある神社。御祭神は誉田別命(応神天皇)、息長帯姫命(神功皇后)、玉依比売命。

寛平年間(889年-898年)に宇多天皇の勅命により石清水八幡宮を勧請して建立されたと伝えられている。 下総の国を守護する総鎮守として崇敬されている。武神であることから平将門、源頼朝、太田道灌、徳川家康など関東武士の信仰を集めた。

八幡宮近くにある八幡の藪知らず(八幡不知森=やわたしらずのもり)でも知られる。

境内には千本公孫樹せんぼんイチョウ)がある。推定樹齢1200年。国の天然記念物に指定されている。

また、廃仏毀釈以前に天台宗の八幡山法漸寺が別当寺として管理していた鐘楼、神仏分離以前は別当法漸寺の仁王門であった随神門(市川市指定有形文化財)がある。

パワースポット 葛飾八幡宮 住所

千葉県市川市八幡4丁目2-1

パワースポット 葛飾八幡宮 種類

神社・神道施設

パワースポット 葛飾八幡宮 ブログ・ページ

葛飾八幡宮は、千葉県市川市にある神社。旧社格は県社。9世紀末に京都の石清水八幡宮を勧請して建立された。下総国総鎮守。推定樹齢約1200年の御神木「千本銀杏」がある。癒し、うれしくなるらしい。

パワースポット 葛飾八幡宮 キーワード

ご開運 新たに 祈り 神さま 神社 葛飾八幡宮さま 見る 鎮守神社 風 描いていた 担当 下りている 平和 会い 世界 建立 不知八幡森 禁足地 足 説 会 千本 散歩 飲み