パワースポット 最勝院高徳庵

縁結びの松

最勝院高徳庵は京都府京都市左京区にある南禅寺塔頭。駒ヶ瀧最勝院(こまがたきさいしょういん)。

境内背後の東山山峡は、鎌倉時代より「神仙佳境」と呼ばれ、霊地として知られていたという。

鎌倉時代、天台密教の駒道智大僧正が、この地に隠棲したことに始まるという。古くより勝運の神として知られた。

鎌倉時代の僧・駒道智大僧正は、法力により白馬にまたがり、生身を天空に隠したという。以来、僧正は駒大僧正と呼ばれ、奥の滝は駒ヶ滝と呼ばれるようになる。また、駒道智を祀る寺として、その院号により、最勝院と呼ばれたという。

本堂脇に、「縁結びの松」がある。樹齢300年という百日紅の木に、樹齢100年という松が生えている。

住職が彫った能面の寺としても知られる。

パワースポット 最勝院高徳庵 住所

京都府京都市左京区南禅寺福地町86-2

パワースポット 最勝院高徳庵 種類

寺院・仏閣・地蔵尊・観音

パワースポット 最勝院高徳庵 ブログ・ページ

ご訪問ありがとうございます(^^)今日で京都の旅は終了です南禅寺の三門三門とは、悟りに至る三つの関門を表す、空、無相、無る。最勝院最勝院の参道脇を渡る琵琶湖疎水最勝院は厄除けのご利益があるとされるが、縁結びのパワースポット

パワースポット 最勝院高徳庵 キーワード

是 黄色