パワースポット 狩宿の下馬桜

駒止めの桜

狩宿の下馬桜(かりやどのげばざくら)は静岡県富士宮市にある日本最古級のヤマザクラ。国の特別天然記念物であり、日本五大桜の1つ。

1193年に源頼朝が富士の巻狩りを行った際、馬からおりた所とされたことから狩宿の下馬ザクラと呼ばれるようになった。また下馬の際、桜に馬をつないだとも言われている。そのため「駒止めの桜」という別名も存在する。

樹齢は800年を越え、かつては樹高35m、幹囲り8.5mの巨木であった。 しかし度重なる台風などの影響で弱っており、最盛期の姿は拝めない。開花時期は4月中旬である。

パワースポット 狩宿の下馬桜 住所

静岡県富士宮市狩宿106

パワースポット 狩宿の下馬桜 種類

木・植物

パワースポット 狩宿の下馬桜 キーワード

狩宿の下馬桜/カリヤドのゲバザクラ 富士宮 富士山 巨木 彩り 朝霧高原 添える 満開 無く 狩宿下馬桜 狩宿下馬桜バス停 身延線 金 大きさ 在来線 馬 15-85 3.5-5.6 4-5.6 70-300 7D CANON EF- IS EF-S USM EOS mmF 日本五大桜 石戸蒲ザクラ 田貫湖 桜 狩宿 下馬桜