パワースポット ミーソン聖域

ミーソン聖域(聖地美山)とは、ベトナム中部クアンナム省にある古代チャンパ王国の聖なる遺跡。1999年、ユネスコの世界遺産(世界文化遺産)に登録された。

ミーソン聖域はサンスクリットによる正式名称をシュリーシャーナバドレーシュヴァラといい、チャンパ王国の宗教(ヒンドゥー教シヴァ派)の聖域であり、聖山マハーパルヴァタを望むクアンナム省ズイスエン県ミーソン圏谷にある。ミーソンにはレンガ作りのチャンパ塔など7世紀から13世紀にかけての遺構が残っているが、ベトナム戦争当時の爆撃によってかなり破壊されている。遺跡の近くを大河トゥーボン川が流れており、川の女神を祀る秋盆夫人祠とサンスクリット碑文がある。トゥーボン川の中流には王都チャキエウ遺跡があり、河口には近世に日本人町が栄えた港町ホイアンがある。

ミーソン聖域は、20世紀初頭にフランス人によって発見されたが、フランス領インドシナ統治時代に盗掘を受け、美術品の多くが失われた。また、ベトナム戦争で南ベトナム解放民族戦線アジト掃討のため、アメリカ空軍・B-52の爆撃を受け、大半の遺跡が破壊された。ベトナム戦争後はポーランド文化財保護アトリエ (PKZ) のカジミエシュ・クヴィアトコフスキ、ベトナム文化情報省文化財修復公司のホアン・ダオ・キンらにより補強がなされ、石像の一部等がダナン市のチャム彫刻博物館に移送された。日本のトヨタ財団、アメリカのワールドモニュメントウォッチ財団による保護助成が行われ、現在はイタリア隊が調査を行っている。また、2005年3月には日本の国際協力機構の技術協力によりミーソン遺跡展示館が完成した。

パワースポット ミーソン聖域 住所

ベトナムクアンナム省

パワースポット ミーソン聖域 種類

遺跡・古代都市

パワースポット ミーソン聖域 ブログ・ページ

オープンの隠れ家リゾートナマン リトリート リゾート (ベトナム ダナン)ベトナムの歴史と文化を現代的且つラプ同プランにご参加ください。①ベトナムが誇るパワースポット・世界遺産ミーソン遺跡観光プラン【PMYSS】参加