パワースポット 興福寺(長崎市)

興福寺(こうふくじ)は、長崎市寺町にある、日本最古の黄檗宗の寺院である。山号は東明山。山門が朱塗りであるため、あか寺とも呼ばれる。

1624年(寛永元年)に中国僧の真円により創建された。崇福寺・福済寺とともに長崎三福寺の一つに数えられる。

当時、日本に来る中国人の中にはキリスト教徒がいたため、長崎奉行は唐人の宗教についても調査していた。そこで在留唐人等は、自ら進んでその証明を行い、かつ、海上の安全祈願と故人の冥福を祈るため寺を建てたという。浙江省・江蘇省出身の信徒が多いため、南京寺とも称せられた。

黄檗宗の開祖隠元隆琦ゆかりの寺院で、本堂にあたる大雄宝殿は国の重要文化財に指定されている。

第2代住職の黙子如定は眼鏡橋を架設したことで有名で、第3代の逸然は長崎漢画の祖として知られる。

また、日本三聖堂の一つといわれた中島聖堂遺構大学門長崎聖堂)があり、学問のパワースポットだという。

儒者・向井元升(げんしょう)が正保4年(1647)に東上町(現在の上町と玉園町)に立山書院として建てた孔子廟と学舎に始まる。長崎聖堂というが、一般には中島聖堂と呼ばれた。明治初年廃滅し、杏檀門(きょうだんもん)と規模縮少した大成殿(たいせいでん)を残すのみとなったので、ともに昭和34年(1959)保存のため現在地に移した。門扉に大学の章句を刻むので、大学門とも呼ばれる。

パワースポット 興福寺(長崎市) 住所

長崎県長崎市寺町4-32

パワースポット 興福寺(長崎市) 種類

寺院・仏閣・地蔵尊・観音

パワースポット 興福寺(長崎市) キーワード

御能 東 世界 草地 JR奈良駅 外京 奈良 奈良公園 若草山 薪 山焼き 平城京 東大寺 春日大社 商店街 法隆寺 興福寺五重塔 五重塔 北円堂 早春 等 標高342m 神仏 祈る 約600発もの打ち上げ花火 習合 見下ろす 東福寺 父 氏寺 燃やす 点火 火 象 造営 お参り 奈良市内 告げる 前世 先人 修羅 伽藍 人々 京都 五重の塔 三重塔 一大行事 安置 防災 関係 文化財 寺院 山 平安 慰霊 鎮魂 西大寺 言葉 鎌倉 親鸞 覚 駆除 金堂 寺 撮影 捕獲 散策 姿 猿沢 懺悔 東明山興福寺 意味 神木 荘園 顔 放生会 阿修羅 鎮める 新公会堂 延暦寺 見て 見た 鹿 藤原氏 霊魂 祈り 鶯塚古墳 節分 開催 建物 春 東金堂 薬師寺 桜 池 花火 節分会 祭礼