インド風水属性検索

インド風水からあなたの属性を調べ、ぴったりのパワースポットを探します

生年月日

石川県 市町村

七尾市 加賀市 小松市 河北郡 珠洲市 白山市 石川郡 羽咋市 羽咋郡 輪島市 金沢市 鹿島郡 

石川県 パワースポット一覧

石川県能登半島の北東端をなす禄剛(ろっこう)崎、金剛崎、長手崎などの岬の総称。中でも金剛崎は「聖域の岬」と呼ばれる。無気流地帯と言われる 大地の気流と、南か...
気多大社(けたたいしゃ)は、石川県羽咋市に鎮座する神社。能登国一宮で、旧国幣大社である。大己貴命を祭神とする。旧称気多大神宮。正式には氣多大社。海に面して立...
白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)は、石川県白山市三宮町に鎮座する神社である。加賀国一宮。全国に2000社の白山神社の総本社とされる。霊峰・白山を神体山とする...
那谷寺(なたでら)は、石川県小松市に所在する仏教寺院。高野山真言宗別格本山。 花山天皇が参拝に訪れた際、「この寺は三十三ヶ所を全て廻ったのと同じようなすばら...
金剱宮(きんけんぐう)は、石川県白山市日詰町にある神社。御祭神は、瓊瓊杵尊。 白山比め神社の近隣に位置する。白山七社のうちのひとつ。 金運のパワースポットと...
加佐の岬は、石川県の加賀海岸で最も日本海に突き出した岬。海蝕崖で岬の先端には大小の小島が散在する。 岬の先端からは日本海を展望する景勝地である。
香林寺は、石川県金沢市にある曹洞宗の寺院。治ると言われる霊薬不動があり、加賀友禅の人間国宝・木村雨山の色紙短冊80点が展示されている。 庭園には多くの石像が...
山中温泉(やまなかおんせん)は、石川県加賀市にある温泉。 山中温泉街は山に囲まれた街であり、また至近の自然豊かな山、谷、川など山間部の田舎の情緒も味わえる。...
栢野大杉(かやのおおすぎ)は、石川県加賀市山中温泉栢野町(旧江沼郡山中町栢野町)の菅原神社境内にある杉の巨木で、同神社に4本ある神木の1つ。別名天覧の大杉(て...
安宅住吉神社(あたかすみよしじんじゃ)は、石川県小松市北部、日本海沿岸に鎮座する神社。 境内に安宅の関址があり、「安宅」「勧進帳」にも取り上げられた伝承から...
金沢神社(かなざわじんじゃ)は、石川県金沢市に鎮座する神社である。菅原道真を主祭神とする。 寛政6年(1794年)、加賀藩11代藩主前田治脩が藩校明倫堂を建てた際、...
片山津温泉(かたやまづおんせん)は、石川県加賀市(旧国加賀国)にある温泉。温泉街は柴山潟の一部を埋め立てられて作られている。加賀温泉郷のひとつで、北陸を代表...
栢野大杉(かやのおおすぎ)は、石川県加賀市山中温泉栢野町(旧江沼郡山中町栢野町)の菅原神社境内にある杉の巨木で、同神社に4本ある神木の1つ。別名天覧の大杉(て...
尾山神社(おやまじんじゃ)は、石川県金沢市に所在する神社。主祭神は、加賀藩の藩祖前田利家で、創建は1873年。 境内摂社に歴代藩主を祀った金谷神社がある。神門は...
牛坂八幡神社は石川県金沢市の神社。 御祭神は応神天皇、大山咋命、少彦名之命。
高爪山(たかつめやま)は、石川県の羽咋郡志賀町と輪島市の境にある山。能登半島中央西端部にあたる。 その山容から「能登富士」と呼ばれる。他の別名として、笠山、...
妙成寺(みょうじょうじ)は、石川県羽咋市にある日蓮宗の寺院。山号は金栄山(きんえいざん)。 日蓮上人の孫弟子日像が開祖。日蓮宗の北陸本山で、能登随一の大伽藍...
女生水は、石川県加賀市山代温泉にある湧き水。近くには男生水もある。
男生水は、石川県加賀市の山代温泉にある地蔵尊がまつられた温泉の守り水。 真夏の暑い日でも枯れることなく湧き続ける水をたたえた地蔵は水掛地蔵とも呼ばれ、子宝に...
大野湊神社(おおのみなとじんじゃ)とは、石川県金沢市に鎮座する猿田彦大神を祭神とする神社である。 神亀4年(727年)、既存の神明社(祭神・天照大神)の傍らに猿...
本折日吉神社(もとおりひよしじんじゃ)は、石川県小松市の神社。 「お旅祭り」で知られる。神輿が氏子町内をお旅するので、祭りの名称になったといわれてる。豪華絢...
總持寺祖院(そうじじそいん)は、石川県輪島市門前町にある曹洞宗の寺院である。山号は諸岳山。通称、能山(のうざん)あるいは岳山(がくざん)。 かつての曹洞宗の...
豊国神社(とよくにじんじゃ)は、石川県金沢市の卯辰山にある神社である。 豊臣秀吉を主祭神とし、加賀藩三代藩主前田利常を併祀する。近くの卯辰神社(天満宮)・愛...
須須神社(すずじんじゃ)は、石川県珠洲市三崎町寺家にある神社。祭神は、天津日高彦穂瓊瓊杵尊・美穂須須美命・木花咲耶姫命、他3柱。 高座宮の近隣に、須須神社奥宮...
服部神社(はっとりじんじゃ)は、石川県加賀市の神社。服部大明神が祀られ、地元では「はっとりさん」と親しまれる。毎年一月には、修正会と初祈祷、十月には御湯、11...
愛染寺(あいぜんじ)は石川県加賀市片山津温泉の真言宗寺院。山号は瑠璃光山。片山津温泉と柴山潟を見渡せる高台に建つ。本尊は「薬師瑠璃光如来」。 毎年8月16日には...
若宮白山神社は、石川県小松市の神社。旧称・白山社。 境内は国宝那谷寺に隣接し、近年他の町の人々が多く参詣されるようになった。
奥獅子吼山(おくししくやま)は石川県金沢市の山。標高928m。
縁結び石は石川県羽咋郡志賀町の道の駅とぎ海街道前にあるモニュメント。 能登富士とも言われる高爪山から採れた岩を富来の「さくら貝伝説」に基づき彫刻したもので、...
能登比咩神社(のとひめじんじゃ)は石川県鹿島郡中能登町の神社。御祭神は能登比咩神(のとひめかみ)、沼名木入比売命(ぬなきいりひめのみこと)。 社伝によれば、...
高尾城(たこじょう)は、石川県金沢市に存在した城。 高尾城が築かれている高尾山一帯は、「ジョウヤマ」と呼ばれ付近住民から親しまれていた。 詳細な築城年は不明...
桶滝、男女滝は石川県輪島市にある滝。 桶滝(おけたき)は、西保地区の大沢海岸にそそぐ桶滝川の上流約1kmにある滝で、大きな一枚岩床に穴が開いてそこから桶の底が抜...
赤蔵山は、石川県七尾市(旧・田鶴浜町)の郊外にある標高110mの小高い山。杉の巨木が生い茂る県内唯一の山岳信仰の霊山。地元では、山を御前山(ごぜんやま)、または...
大乗寺(だいじょうじ)は、石川県金沢市にある曹洞宗の寺院。山号は東香山。別名は椙樹林。僧堂がある。 江戸時代にここで清規(僧侶の修行規則)が再構築され、規矩...
奥津比咩神社は、石川県輪島市の神社。能登半島北部・輪島の沖約50Kmに浮かぶ舳倉島に鎮座する。 往古は西宮あるいは舳倉権現と称えたという。近世初期、筑前国よ...
石動山(せきどうさん、いするぎやま)は、石川県鹿島郡中能登町を頂上に、七尾市・富山県氷見市にかけて位置する山。標高は565m。 加賀、能登、越中の山岳信仰の拠点...
金城霊沢は石川県金沢市の兼六園の東南端にある湧水。 かつて芋掘藤五郎という男が芋を洗ったところ、砂金がでてきたことから「金洗いの沢」と呼ばれた。そこから「金...
御経塚「石の広場」の石柱は、JR野々市駅北口の「石の広場」にある3本の巨大な石柱。人を仲直りさせる力があるといい、三角形の中に立つとパワーを得られるとされてい...
松任金剣宮(まっとうかなつるぎぐう)は、紀元前95年創建の白山七社の一社。尚武の神、身命守護、生業繁栄の神として信仰される。木曽義仲が合戦勝利を報謝し、源義経...
重蔵神社(じゅうぞうじんじゃ)は、石川県輪島市河井町にある神社。祭神は、天之冬衣命と大国主命。本殿は明治39年特別保護建造物に指定。明治43年に焼失。44年原形で...
江沼神社(えぬまじんじゃ)は、石川県加賀市の神社。菅原道真と藩祖前田利治を祀る。昭和9年に火災にあったが、再建された。 江沼神社の池泉回遊式庭園は兼六園の影響...
機具岩は石川県志賀町にある大小二つの岩。海の中にどっしりと構え、しめ縄で結ばれている。 その昔、能登に織物業を広めた渟名木入比め命(ねなきいりひめのみこと)...
大地主神社(おおとこぬしじんじゃ)は、石川県七尾市に位置する神社である。 七尾市最大の神社で 青柏祭や祇園祭などの七尾市中心部の祭の拠点である。
菟橋神社 (うはしじんじゃ)は石川県小松市浜田町の神社。創祀不明。配神に、諏訪大神(建御名方神:たけみなかたのかみ・八坂刀売神:やさかとめのかみ)を祀る。慶安4...
奥津比咩神社里宮は、石川県輪島市鳳至町にある神社。 輪島港の西にある鳳来山の麓、輪島港を見下ろす位置に鎮座する。輪島の沖約50Kmに浮かぶ舳倉島に鎮座する本...
月うさぎ神社は、石川県加賀市のうさぎ広場に鎮座するお御堂。 知恵と福徳を司る、全知全能の仏様が広場のうさぎたちを見守っている。
倶利迦羅不動寺(くりからふどうじ)は、石川県河北郡津幡町の寺院。千葉の成田不動尊・相模の大山不動尊と共に日本三不動の一尊とされる。奥之院本尊の倶利迦羅不動尊...
能登生国玉比古神社は、石川県七尾市の神社。能登半島の古社の一つで、気多大社と関連し、気多本宮とも呼ばれる。
波自加弥神社(はじかみじんじゃ)は、石川県金沢市二日市町カ186番地にある神社。金沢市北部に位置する。表参道の入り口の鳥居付近には用水が流れ、用水の建設者を讃え...
菅生石部神社(すごういそべじんじゃ)は石川県加賀市にある神社である。式内社、加賀国二宮で、旧社格は国幣小社。通称敷地天神、菅生天神。