インド風水属性検索

インド風水からあなたの属性を調べ、ぴったりのパワースポットを探します

生年月日

長野県 市町村

上水内郡 上田市 上高井郡 下伊那郡 下諏訪町 下高井郡 伊那市 佐久市 北佐久郡 北安曇郡 千曲市 南佐久郡 大町市 安曇野市 小県郡 岡谷市 木曽郡 東御市 松本市 茅野市 諏訪市 諏訪郡 長野市 須坂市 飯山市 飯田市 駒ケ根市 駒ヶ根市 

長野県 パワースポット一覧

分杭峠(ぶんぐいとうげ)は、長野県伊那市と下伊那郡大鹿村の境界に位置する標高1,424mの峠。静岡県浜松市の秋葉神社へ向かう街道として古くから利用された秋葉街道の...
戸隠神社(とがくしじんじゃ)は、長野県長野市北西部の戸隠山周辺に鎮座する五社。奥社(おくしゃ)の祭神は天手力雄命(あめのたぢからおのみこと)で、天照大神が隠...
戸隠神社(とがくしじんじゃ)は、長野県長野市北西部の戸隠山周辺に鎮座する五社。 中社(ちゅうしゃ)の現在地への鎮座は寛治元年(1087年)、宝光社と同時期に奥社...
熊野皇大神社(くまのこうたいじんじゃ)は碓氷峠に位置する神社。社殿は長野県と群馬県の両県にまたがっており、参道と本宮の中央が県境にあたる。 主な社宮は3つであ...
皆神山(みなかみやま)は、長野県長野市松代、標高659メートルの溶岩ドームである。 人工的に作られた様な山容をしているため「太古に作られた世界最大のピラミッド」...
善光寺(ぜんこうじ)は、長野県長野市大字長野に位置する天台宗大勧進と浄土宗大本願からなる両派の仏教寺院。 特徴として、日本において仏教が諸宗派に分かれる以前...
穂高神社(ほたかじんじゃ)は長野県安曇野市穂高にある神社。安曇野市穂高の本宮(里宮)のほか、松本市安曇の上高地に奥宮、奥穂高岳山頂に嶺宮もある。 主な祭神は...
諏訪大社(すわたいしゃ)は、長野県の諏訪湖の周辺に4箇所の境内地をもつ神社。信濃国一宮で名神大社。神位は正一位。 全国各地にある諏訪神社の本社である。その起源...
「戸隠(とがくし)」の名は、「天照大御神(あまてらすおおみかみ)が、高天ヶ原の天の岩戸に隠れたとき、天手力雄命(たじからをのみこと)が、その岩戸をここまで投...
八ヶ岳(やつがたけ、八ケ岳とも表記される)は、長野県の諏訪地域と佐久地域および山梨県の境にある山塊。南北30km余りの山体で、大火山群である。深田久弥の日本百名...
戸隠神社(とがくしじんじゃ)は、長野県長野市北西部の戸隠山周辺に位置する、奥社、中社、宝光社、九頭龍社、火之御子社の五社を配する神社である。 九頭龍社(くず...
鏡池は、長野県長野市にある紅葉名所、戸隠高原にある。 水面にまるで鏡のように戸隠連峰の山々を映し出すところからその名が付いている。
諏訪大社(すわたいしゃ)は、長野県の諏訪湖の周辺に4箇所の境内地をもつ神社。 秋宮は、毎年8月~翌1月に神体が祭られている。よって、初詣は秋宮で行われる。 中仙...
諏訪大社(すわたいしゃ)は、長野県の諏訪湖の周辺に4箇所の境内地をもつ神社。 春宮は、毎年2月~7月に神体が祭られている。参道の途中にある太皷橋は、別名を下馬橋...
諏訪大社(すわたいしゃ)は、長野県の諏訪湖の周辺に4箇所の境内地をもつ神社。 前宮は、諏訪明神の信仰の原点といわれる。宮のみあるが、現在神体は祭られていない。...
四柱神社(よはしらじんじゃ)は長野県松本市大手に鎮座する神社である。 天之御中主神、高皇産霊神、神皇産霊神、天照大神を祭神とし、4柱の神を祀ることから四柱神社...
明神池は上高地の奥の穂高神社奥宮境内にあり、神域となっている。 「かみこうち(現在の漢字表記は「上高地」だが、本来は「神垣内」)」の地名は、穂高神社とその祭...
万治の石仏(まんじのせきぶつ)とは、長野県下諏訪町東山田字石仏にある石仏である。下諏訪町指定の文化財である。 伝説によると、諏訪大社下社春宮に石の大鳥居を造...
戸隠神社(とがくしじんじゃ)は、長野県長野市北西部の戸隠山周辺に鎮座する五社。 宝光社(ほうこうしゃ)の現在地への鎮座は康平元年(1058年)、天暦3年(949年)...
仁科神明宮(にしなしんめいぐう)は、長野県大町市大字社字宮本にある神社。 杉の古木がうっそうと繁る宮山の南麗に鎮座し、東は大峯山系に連なり、西は田園地帯と高...
光前寺(こうぜんじ)は、長野県駒ヶ根市にある天台宗の別格本山の寺院である。山号は宝積山(ほうしゃくさん)。院号は無動院。本尊は不動明王で秘仏。天台宗信濃五山...
戸隠神社(とがくしじんじゃ)は、長野県長野市北西部の戸隠山周辺に鎮座する五社。火之御子社(ひのみこしゃ、日之御子社)の創建は天福元年(1233年)。祭神は天鈿女...
諏訪湖(すわこ)は、長野県岡谷市、諏訪市、諏訪郡下諏訪町にまたがる湖。 糸魚川静岡構造線の断層運動によって、地殻が引き裂かれて生じた構造湖(断層湖)である。...
塩釜神社(しおがまじんじゃ)は、長野県松本市蟻ヶ崎に鎮座する神社。御祭神は塩土老翁命(しおづちおじの)。人々に塩作りを教えた神と伝えられる。 陸奥国一宮の鹽竈神...
横谷渓谷(よこやけいこく)は、長野県茅野市の渋川上流の横谷温泉から明治・渋川温泉にかけて広がる渓谷。紅葉の名所で知られる。 「乙女滝」「おしどり隠しの滝」「...
北向観音(きたむきかんのん)は、長野県上田市の別所温泉にある天台宗の寺院。近隣にある天台宗常楽寺が所有・管理する。 寺伝によれば、平安時代初期の天長2年(825...
浅間山(あさまやま)は、長野県北佐久郡軽井沢町及び御代田町と群馬県吾妻郡嬬恋村との境にある安山岩質の複合火山。円錐型をしている。標高2,568m。世界でも有数の活...
大王わさび農場(だいおうわさびのうじょう)は長野県安曇野市にあるわさび農場。大王農場、大王わさび園とも呼ばれる。 北アルプスからの湧き水を利用した安曇野わさ...
浄光寺(雁田薬師浄光寺)は長野県上高井郡小布施町の真言宗の寺院。国の重要文化財に指定されている薬師堂(室町初期1408年建立)があり、2008年で建立満六百年を迎え...
有明山神社(ありあけざんじんじゃ)は、長野県安曇野市穂高有明にある神社。本宮(里宮)のほか、有明山山頂(中岳・南岳)に奥大宮がある。 有明山を御神体とする山...
白糸の滝(しらいとのたき)は長野県北佐久郡軽井沢町にある滝。 軽井沢(長野県)と北軽井沢(群馬県)を結ぶ白糸ハイランドウェイ沿いにある。 落差は3m余りだが、幅...
守屋山(もりやさん)は、長野県にある標高1,650mの山。伊那山地の最北部にあり、山頂からは、南アルプス、中央アルプス、北アルプス、八ヶ岳連峰といった山々が眺望で...
生島足島神社(いくしまたるしまじんじゃ)は、長野県上田市にある神社である。生島大神・足島大神の二神を祀る。生島大神は生みの神、足島大神は満たす(足る)神とさ...
松本城(まつもとじょう)は、長野県松本市にあった城である。安土桃山時代末期-江戸時代初期に建造された天守は国宝に指定され、城跡は国の史跡に指定されている。松本...
三本滝(さんぼんだき)は、長野県松本市安曇地区にある滝。小大野川、黒い沢、無名沢の3本の河川の合流地点の直近にあるため、「三本滝」という名称通り、3本の滝が横...
霧ヶ峰(きりがみね)は、八ヶ岳中信高原国定公園中部にあり、長野県茅野市、諏訪市、諏訪郡下諏訪町、小県郡長和町にまたがる。フォッサマグナ沿いに噴出した楯状火山...
北竜湖(ほくりゅうこ)は、長野県飯山市にある湖。周囲を走る断層と、火山の爆発によってできたくぼみに水がたまってできた天然湖である。 古くは早乙女たちが手を洗...
戸隠森林植物園は長野市戸隠にある71.41ヘクタールの自然公園。 戸隠神社奥社の参堂近く、豊かな自然でも知られる
貧乏神神社は、長野県飯田市にある神社。参拝者に宝くじの高額当選者が続いたと噂され、金運のパワースポットとして注目されている。 貧乏神神社の貧乏神の木像は、拝...
弘妙寺は、長野県伊那市高遠町の日蓮宗寺院。「ゴルフ寺」の通称で知られる。 著名プロゴルファーが参拝に訪れ、高遠町という地名から「高い」「遠く」へポールを飛ば...
戸倉上山田温泉(とぐらかみやまだおんせん)は、長野県(旧国信濃国)千曲市上山田温泉にある温泉。 戸倉温泉と新戸倉温泉および上山田温泉を総称して信州戸倉上山田...
ぴんころ地蔵は、長野県佐久市の野沢成田山薬師寺山門に建立された地蔵。容姿のかわいらしさと、健康長寿祈願で新たな観光名所となり、パワースポットとして人気を呼ん...
御嶽山神社里宮は、長野県木曽郡王滝村の神社。 山の傾斜に沿って作られているため、境内には階段が多く、438段ある。木々に囲まれ薄暗い参道、高い湿気と夥しいコケ、...
長野県長野市戸隠のキャンプ場。 オートキャンプ、バンガロー、コテージ、テント、デイキャンプ、BBQなどが楽しめる。
御嶽山(おんたけさん)は、長野県と岐阜県にまたがり、乗鞍火山帯の最南部に位置する標高3,067 mの複合成層火山である。木曽御嶽山や御嶽とも称する。また、御岳山や、...
小菅神社(こすげじんじゃ)は長野県飯山市にある神社。戸隠・飯綱とともに信州三大修験霊場の一つ。 諸伝承によれば、役小角が開山した修験寺院・小菅山元隆寺(こす...
蓼科高原バラクラ・イングリッシュガーデンは、長野県茅野市にある本格的英国式庭園。約1万平方mの敷地に3000種を越える植物が英国より移植され、遊歩道が整備されてい...
真田神社は、長野県上田市の上田城本丸に鎮座する神社。 戦国時代の天正11年(1583)上田にこの平城を築き城下町を造った真田父子を主神とし、江戸時代に民政を尽くし...
大鹿村の磁場坂は、分杭峠で知られる長野県下伊那郡大鹿村にある坂。 分杭峠より、強い波動があるとも言われる。
真楽寺は、長野県北佐久郡御代田町にある寺院。 用明2年(587年)に、用明天皇の勅願により浅間山の噴火が鎮まることを祈願し建立された。 境内の大沼の池では、甲賀...
宇賀神社は、長野県上水内郡信濃町の野尻湖に浮かぶ琵琶島(弁天島)にある神社。 宇賀神社は天平2(730)年創建とされ、僧・行基が御神体を安置したと伝えられる。倉...
高山寺は、長野県上水内郡小川村の寺院。源頼朝が創建した三重塔で知られる。 江戸時代初期には倒壊寸前だったが、1698(元禄11)年に木食山居上人によって再建されたと...
守屋神社は、長野県伊那市高遠町の神社。諏訪大社の御神体山・守屋山の神社。奥宮と山麓の国道256号沿いにある里宮の総称である。 「1400年前、蘇我氏との戦いに敗れて...
手長神社(てながじんじゃ)は、長野県諏訪市にある神社である。 手摩乳命(てなづちのみこと)を祭神とする。手摩乳命は別名を手長彦神といい、諏訪大社の祭神・建御...
牛伏寺(ごふくじ)は、長野県松本市内田にある真言宗智山派の寺院。山号は金峯山(きんぽうざん)。本尊は十一面観音。 鉢伏山(1,929メートル)の西側中腹に位置する。
美和神社は、長野県長野市の神社。 御祭神は大物主命。
龍淵寺(りゅうえんじ)は、長野県飯田市の寺院。盛平山と号する。この地を領有していた「遠山氏」一族の墓をまつる菩提寺。境内の老杉(市指定天然記念物、樹齢約500年...
高市神社は、長野県上田市の神社。海野町商店街の一角に鎮座し、「運の石」で知られる。 海野町(中央二丁目)は、天正十一年(1583年)に真田昌幸が上田城を築いた際...
米子不動尊(本坊米子瀧山不動寺)は、長野県須坂市の真言宗豊山派寺院。日本三大不動尊の一つに数えられる本尊不動明王を祀る由緒ある信州最古の不動尊霊場である。不...
尖石・与助尾根遺跡(とがりいし・よすけおねいせき)とは、長野県茅野市豊平南大塩にある縄文時代中期の集落遺跡。南側の尖石遺跡は戦前から発掘されてきた縄文時代を...
白馬岳(しろうまだけ)は、飛騨山脈(北アルプス)北部の後立山連峰にある標高2,932mの山。長野県と富山県とにまたがり、中部山岳国立公園内にある。 日本百名山、新...
女神湖は長野県北佐久郡立科町にある湖。蓼科山(2530m)の北西麓にある周囲約2kmの人造湖。 蓼科山と女神湖、そして古代からの遺跡鳴石(なるいし)を結ぶ三角地帯を...
王ヶ鼻(おうがはな)は、長野県松本市の美ヶ原高原にある標高2008mのポイント。松本市側に突き出た尾根の端の部分で、松本市街地や北アルプスなどを一望できる。 御嶽...
八方池は長野県北安曇郡白馬村にある池。 標高2060mの高所にあり、雪が押し流した土砂が堆積して形成された。水面に映る白馬連峰が神秘的で美しい。サンショウウオやモ...
飯縄山(いいづなやま、飯綱山)は、長野県北部(北信地方)、長野市・上水内郡信濃町・飯綱町にまたがる山。標高1,917メートル。飯縄山と、その支峰・霊仙寺山(れいせ...
大峰山は、長野市の善光寺北側にある山。ロッククライミング訓練のスポットで知られる。 登山口には霊山寺があり、ここから十分も登らぬところに岩井堂観世音が祀られ...
弘法山古墳(こうぼうやまこふん)は長野県松本市並柳にある古墳。 東日本最古級の3世紀末築造の前方後方墳。西日本でいう出現期・発生期古墳とほぼ同時期の前方後方墳...
ショー記念礼拝堂(ショーきねんれいはいどう)は長野県北佐久郡軽井沢町にある日本聖公会中部教区に属する教会堂。 カナダ生まれの英国国教会(聖公会)宣教師アレキ...
竜返しの滝(すずが滝)は長野県北佐久郡軽井沢町の滝。 昔は数段に落下する大きな滝があったらしい。滝はおのおの円形の滝壺を持ち、爆水が渦巻いて、数珠玉を連ねた...
縁結神社は、長野県木曽郡木祖村の境峠近くにある神社。出雲大社の分社。 木の枝の一つを、男の親指と女の小指だけを使って結ぶと、その二人は結ばれると言われている...
明真山清滝観音堂は長野市松代町の真言宗寺院。信濃三十三観音札所めぐり第十一番札所。 御本尊は千手観世音菩薩。清滝観音、養蚕観音と呼ばれる。 奈良時代、僧・行...
鼎駅(かなええき)は、長野県飯田市鼎中平にある、JR東海飯田線の駅である。 「願いをかなえる」という語呂から、入場券はお守りとして人気がある。硬券はすでに無く...
先宮神社(さきのみやじんじゃ)は、長野県諏訪市の神社。 手前にある溝に敢えて橋をかけていないことで知られる。
足長神社(あしながじんじゃ)は、長野県諏訪市四賀の桑原城跡山腹にある神社である。諏訪大社上社摂社。 古くは荻葺きの屋根であったため荻宮と呼ばれていた。脚摩乳...
阿弥陀寺は長野県諏訪市上諏訪にある寺院。秋の紅葉で知られ、「風流山の寺」としても有名である。 文禄4年(1595)、上諏訪の郷人である河西浄西という念仏行者が岩窟に...
三柱神社(みはしらじんじゃ)は長野県安曇野市の神社。 松本市を舞台に地域医療にかける青年医師を描いた映画「神様のカルテ」のロケが行われた神社として知られるよ...
小聖神社は、長野県長野市の神社。 境内で湧き水を汲むことが出来る。
長福寺は、長野県池田町の寺院。大銀杏と楓の紅葉で知られる。 銀杏は直径1メートル、高さ30メートルの巨樹で、その隣には樹齢100年を超える楓が並び、黄色と赤の...
一の瀬園地は、長野県の乗鞍高原の中央部を位置する。広大な敷地にはあざみ池や牛留池など、湖沼や湿原が点在している。その池や湿原を結ぶように遊歩道が整備され、水...
水木沢天然林は、長野県木曽郡木祖村の木曽川源流にある天然林。 面積約80haの林内の98%が推定樹齢200年以上の天然林で、平成の名水百選にも選ばれている。2つの遊歩...
姿見不動滝は、長野県下伊那郡阿智村にある滝。滝の壁面に「不動尊」が現れると言われる。落差20m、幅6.3m。 毎年4月28日に「不動尊祭り」が行われる。
大法寺(だいほうじ)は、長野県小県郡青木村にある天台宗の寺院。山号は一乗山。開基(創立者)は藤原鎌足の子・定恵(じょうえ)と伝える。本尊は釈迦如来。国宝の三...
白駒の池(しらこまのいけ)または白駒池(しらこまいけ)は、長野県南佐久郡佐久穂町と小海町との境(境界未確定)にある池。八ヶ岳連峰の北部にあたる北八ヶ岳を構成...
大峰高原七色大カエデは長野県北安曇郡池田町の大峰高原にある楓の木。 毎年10月中旬から徐々に色付き始め、11月上旬までこのカエデが七色に変化をみせる。NHKの朝の連...
御射鹿池は、長野県茅野市北にある農業用のため池。八ヶ岳中信高原国定公園内にある。総面積は約1.3ha。農林水産省のため池百選に選定された。 日本画の東山魁夷の1972...
天命稲荷神社は長野県長野市にある神社。 鏡池から戸隠神社奥社、九頭龍社へ向かう途中に鎮座する。昭和37年、戸隠修験道を受け継ぐ公明院の姫野公明という尼僧が、お...
善五郎の滝は長野県松本市安曇鈴蘭にある滝。小大野川にかかる長野県道84号乗鞍岳線の鈴蘭橋から少し下ったところに位置する。落差21.5m、幅8m。 東向きであるため、朝...
湯福神社(ゆぶくじんじゃ)は、長野県長野市箱清水三丁目にある神社(郷社)。 善光寺本堂の北西に位置する。諏訪大社と同じく建御名方神を祀っており、同じ祭神を祀...
信濃国分寺(しなのこくぶんじ)は、長野県上田市国分にある寺院。信濃におかれた国分寺で、国分僧寺と尼寺とが隣接していた数少ない寺院である。 三重塔は重要文化財...
文殊堂は、長野県上田市鹿教湯温泉にある寺院。 元禄時代の仏堂の作風を明瞭に示す県内でも有数の建造物。長野県指定県宝。
木沢熊野神社は、長野県飯田市の遠山郷にある神社。 湯を煮えたぎらせた釜の周りを神様や農民などを模した面(オモテ)と呼ばれる仮面をつけた被り手たちが舞い踊りつ...
龍洞山宝蔵寺は、長野県上田市の寺院。依田川の清流に臨む大岩壁の中断に御堂がある。 樹齢800年の名木「義仲桜」がある。信濃三十三観音霊場、中部四十九薬師霊場...
福徳寺は、長野県下伊那郡大鹿村の寺院。 平治2年(1160)創建。福徳寺本堂は長野県最古の建築物として国指定重要文化財に指定されている。
象山神社(ぞうざんじんじゃ)は、長野県長野市松代町にある神社。松代が生んだ幕末の思想家、佐久間象山を祀る。 象山が生まれてから29年間を過ごした佐久間象山宅跡...
竃神社(かまどじんじゃ)は、長野県大町市の神社。 9月の例祭では、奉納花火や「やぶさめ太鼓」、奉納相撲が行われる。
牛ヶ滝は、長野県木曽郡南木曽町の滝。柿其渓谷の入り口にかかる大滝である。落差約30m。 展望台の少し先から滝壺へおりることができる。
空木岳(うつぎだけ)は長野県駒ヶ根市、飯島町、大桑村にまたがる標高2,864mの山。木曽駒ヶ岳に次ぐ木曽山脈(中央アルプス)第二の高峰であり、日本百名山に選定され...
白鳥神社は、長野県東御市にある神社。 東征の途についた日本武尊が、この地に滞在されたことから白鳥神社と称し、古代から中世の豪族、海野氏の祖と伝わる貞元親王・...
松本神社(まつもとじんじゃ)は、長野県松本市丸の内にあり、松本城の北隣に鎮座する神社。地元では「ごしゃ(五社)」と呼ばれている。 前身は、縁結びおよび郷土発...
番所大滝は、長野県松本市の乗鞍高原の番所地区にある乗鞍三名滝の一つ。落差40m、幅15m、乗鞍岳溶岩の末端部にかかる。水量が多く、豪快な音をたてて流れ落ちる勇壮な...
乗鞍高原(のりくらこうげん)は、飛騨山脈(北アルプス)南部東側に位置する高原。 観光利用が盛んであり、夏は避暑、夏から秋にかけては登山、冬はスキーを目的とする...
風ごうろ(かざごうろ)は、長野県下高井郡野沢温泉村にある風穴。 岩の間から夏でも涼しい風が吹き出している。
松原湖(まつばらこ)は、長野県南佐久郡小海町にある湖。猪名湖(いなこ)・長湖(ちょうこ)・大月湖(おおつきこ)という3湖の総称であるが、一般には3湖の中でも最...
蔵沢寺は長野県駒ケ根市の曹洞宗の寺院。 樹齢300年と言われるしだれ桜には毎年みごとな花が咲き、多くのカメラマンが訪れる。景色も見事で、迫力ある残雪の中央アルプ...
八剣神社(やつるぎじんじゃ)は長野県諏訪市にある神社。八千矛神・日本武尊・誉田別尊の三柱の神を祀る。諏訪大社上社の摂社である。 元々は諏訪湖中高島の里に鎮座...
大王神社は、長野県安曇野市の神社。大王わさび農場内に鎮座する。 大王わさび農場の守り神である名前の由来である「魏石鬼八面大王」が祀られている。橋を渡ると、八...
寅と申の年の7年に一度(正確には満6年間隔)行われる御柱(おんばしら、みはしら)または御柱祭(-さい、-まつり)の時に使われる坂で、最大傾斜35度、長さ100mの木落...
阿久遺跡(あきゅういせき)は、長野県諏訪郡原村に所在する縄文時代の遺跡であり、現在のところ最古級の環状集石が構築されている。配石遺構ともいう。
若一王子神社(にゃくいちおうじじんじゃ)は、長野県大町市にある神社である。 本殿は弘治2年(1556年)に仁科盛康により造営されたもので、重要文化財に指定されてい...
遠山郷(とおやまごう)は長野県の南端近く、天竜川の支流遠山川に沿って広がる山深い谷間の地域をいう。古くは旗本の江儀遠山氏の領地であった。行政区画上は、飯田市...
観音院(かんのんいん)は、長野県岡谷市にある真言宗智山派の寺院。山号は龍光山。本尊は十一面観音。 一般的には「小坂観音院」の名で知られる。 かつては諏訪大社の...
物部守屋神社は、長野県伊那市の神社。諏訪大社の御神体山の守屋山の神社。守屋神社は、奥宮と山麓の国道256号沿いにある里宮の総称。「1400年前、蘇我氏との戦いに敗れ...